記事一覧

ブログはじめました

掲載日:2023/11/21
新たにHulinks Blog で情報発信を行っていきます。 弊社取り扱いのサイエンスソフトウェアを使って、実際に何がどこまでできそうか、アイデアベースで考えたことを紹介します

Mathematica におけるコンパイラの効用

掲載日:2024/06/14
Mathematica にコンパイル機能があることは昔からよく知られていますが、いま一つ使い方がわからず、あまり利用されていません。本稿では具体的な例をつかって、コンパイルによる処理速度の高速化 (この例の場合は約30倍に高速化) を示します。

Mathematica で RAG を実装

掲載日:2024/05/28
LLM は学習外の内容に対応できない問題がありますが、RAG 技術の使用により、未知の情報にも対応可能になります。ここでは、日本国憲法を題材として Mathematica で RAG を実装する方法を説明します。

画像からレゴアートを作る

掲載日:2024/05/28
LEGO® Art – Art Project – Create Together セットを利用して、他のセットの象徴的なポップカルチャーの絵や人物をもとにしたレゴアートを Mathematica で作成してみたいと思います。

Mathematica でグレブナー基底を使って連立方程式を解いてみる

掲載日:2024/05/08
普段 Mathematica で連立方程式を解きたい場合には Solve や NSolve などの関数を使いますが、今回はグレブナー基底を使って解いてみたいと思います。

Mathematica でグラフ理論を使い関係を推定する

掲載日:2024/04/17
Mathematica は早い時期からグラフ理論のパッケージ化、組み込み関数化による普及に力を入れてきました。ここではグラフ理論でよく使う関数を使って幾つかの具体的事例を紹介します。

Mathematica らしい関数

掲載日:2024/03/25
Mathematica は非常に強力なプログラミング言語であり、計算の種類に応じた適切な関数セットが用意されています。ここではその中でも重要な関数を解説し、中置表記があるものについては紹介します。

キーボードだけで数式を入力してみる

掲載日:2024/03/25
キー操作による数式の入力方法を解説します。特殊文字、演算子についても簡単に説明します。

Mathematica で化学構造認識(OCSR)その2

掲載日:2024/02/14
前回は、 Mathematica での化学構造式の光学認識 (Optical Chemical Structure Recognition) の性能を検証しました。 今回は、OCSR の機能を Graphical User Interface (GUI) に落とし込んでみます。

Tips: Mathematica で Excel データをデータセットとして読みこむ

掲載日:2024/02/14
Excel データを Dataset 形式で読み、そこから必要な情報を取り出したり、データを加工する方法を紹介します。

Mathematica 14 新機能紹介

掲載日:2024/01/24
2024年1月16日、Mathematica v14日本語版がリリースされました。ここでは、一部の新機能をご紹介します。

予測システムとしてのMathematica その2 - 確率密度関数概論 -

掲載日:2024/01/10
Mathematica は一般的な数学の本で言及される確率分布のほぼすべて 173 もの確率分布関数をカバーしています。今回はその一部を紹介し、分布から事象確率を推定する問題に取り組んでみたいと思います。

Mathematica と Geometry Expressions による平面リンク機構の設計と分析

掲載日:2024/01/10
Geometry Expressions で単純なライダクランク機構をモデル化し、スライド運動を数式として求めたら、得られた数式を元に加速度やトルクといった特性を Mathematica を使って解析します。

Mathematica を使った国土交通省の高速道路データから最短経路を求める

掲載日:2023/12/28
国土数値情報の高速道路データからインターチェンジを「頂点」、各経路を「辺」としてグラフを構築し、指定したインターチェンジ間の最短経路を求めてみます。

予測システムとしての Mathematica その1
- Fit 概説 -

掲載日:2023/12/5
Mathematica を使うと、与えられたデータ列に対し、データを生成したモデル式を推定できます。データのみからモデル全体を推定する場合と、データに対しモデルを明示し、モデルパラメータのみを推定する場合の2タイプの事例を紹介します。

Mathematica を使って歴史探索

掲載日:2023/11/21
エンティティを使えば、Mathematica を活用できる範囲がぐんと広がります。ここでは人物や国家に関するエンティティの取得から、そのプロパティの値を利用したタイムラインプロットの作成を通じて、歴史を探索します。

Mathematica で化学構造認識(OCSR)その1

掲載日:2023/11/21
Mathematica ではバージョン 12.0 から分子に関する関数が実装されており、 分子情報を扱うことができるようになっています。 今回は、化学構造式の光学認識 (Optical Chemical Structure Recognition) の性能を検証します。