HOME > ソフトウェアパッケージ > 数式処理/開発環境/ライブラリ > Mathematica (マセマティカ) > 製品概要 > 計算カーネルの拡張性

ヒューリンクス主催
Mathematica セミナー

このマークをお確かめください
Wolfram 正規販売代理店は、販売代理店の中でも特に広範な知識を持ち経験豊富な販売代理店のみが、審査のうえで認定されます。
Wolfram Certified Sales Partner 2017
新規購入お見積
アップグレードお見積

Mathematica Journal セレクション
厳選記事を日本語でご紹介
Mathematica (マセマティカ)
計算カーネルのフレキシブルな拡張性

計算カーネルの拡張性

Mathematica Standard には、8つの計算カーネルが標準で装備されており、複数のコアを持つ PC の性能をフルに活用できるよう最適化されています。従来の Mathematica の構成はフロントエンドとカーネルのみでしたが、新しい Mathematica では、従来のカーネルが、制御カーネル(Control Kernel)と計算カーネル(Compute Kernel)の2つに分けられています。計算カーネルは、制御カーネルを通じてのみ命令を受け取ることができます。計算カーネルはご利用するマシン構成やコア数に応じて柔軟に拡張することができます。

 

シングルマシンライセンスにおける計算カーネルの拡張

Mathematica Standard のシングルマシンライセンスでは、各プロセス数は以下のようになっています。

  • Mathematica Standard シングルマシンライセンスのプロセス数
    • フロントエンド:2プロセス
    • 制御カーネル:2プロセス
    • 計算カーネル:8プロセス
ここでフロントエンドと制御カーネルが2つずつなのは、1つのシングルライセンスを2台の PC で実行できるという意味ではありません。この2つのプロセスは、同一 PC でのみで使うことができます。
例えば、1つの Mathematica を使って長い計算をしているときに、同じ PC でもう1つ Mathematica を起動して別の計算を行なうことが可能です。

 

シングルマシンライセンスにおける計算カーネルの拡張

シングルマシンライセンスにおいては、Core Extension for Mathematica をお求めになることで計算カーネルを拡張し、8コアを超えるシステムに対応させることができます。

Core Extension for Mathematica は、シングルライセンスの Mathematica Standard に、4つの計算カーネル (並列計算用 MathKernel ライセンス) を追加する製品です。

  • Core Extension for Mathematica 1ライセンスで追加されるプロセス数
    • フロントエンド:0プロセス
    • 制御カーネル:0プロセス
    • 計算カーネル:4プロセス
  フロントエンド 制御カーネル 計算カーネル
シングルマシンライセンス 2 2 8
Core Extension for Mathematica 0 0 4
合計プロセス数 2 2 12

 

ネットワークライセンスにおける計算カーネルの拡張

Mathematica のネットワークライセンスでは、Network Increment 1ライセンスあたりのプロセス数は下記のようになっています。

  • Standard Network Increment 1ライセンスのプロセス数
    • フロントエンド:1プロセス
    • 制御カーネル:1プロセス
    • 計算カーネル:8プロセス

ネットワークライセンスにおける計算カーネルの拡張

ネットワークライセンスにおいては、Network Increment を追加するか gridMathematica をお求めになることで、計算カーネルを拡張し、8コアを超えるシステムに対応させることができます。(ネットワークライセンスにおいては Core Extension for Mathematica を利用することはできません。)

  • Standard Network Increment 1ライセンスで追加されるプロセス数
    • フロントエンド:1プロセス
    • 制御カーネル:1プロセス
    • 計算カーネル:8プロセス
  フロントエンド 制御カーネル 計算カーネル
Network Increment 1 1 1 8
Network Increment 1 1 1 8
合計プロセス数 2 2 16

 

gridMathematica は、16 個の計算カーネル (並列計算用 MathKernel 追加ライセンス) を、ネットワークライセンス管理サーバー(MathLM)と共にご提供する製品です。追加した計算カーネルは、同一ネットワーク上の任意のマシンで実行することができます。

  • gridMathematica 1ライセンスで追加されるプロセス数
    • フロントエンド:0プロセス
    • 制御カーネル:0プロセス
    • 計算カーネル:16プロセス
  フロントエンド 制御カーネル 計算カーネル
Network Increment 1 1 1 8
gridMathematica 0 0 16
合計プロセス数 1 1 24