HOME > ソフトウェアパッケージ > 数式処理/開発環境/ライブラリ > Geometry Expressions (ジオメトリーエクスプレッションズ) > 製品概要 > 新しい機能
新規購入お見積
Geometry Expressions
製品概要
製品概要 新しい機能

v3.3 の新しい機能

  • 制限、単位、注釈として優角をサポート
  • 点が移動したとき、点のトレースがインタラクティブなトレースを作成
    (Geometry Expressions内と生成されたアプリ内で)
  • カスタマイズ可能なカラーパレット
  • 制限エンジンの向上
  • 矢印のスタイルの追加
  • Python コードのエクスポート

 

v3.2 で追加された機能:

  • 生成された JavaScript アプリのための新機能と、表示と UI 改善のための新しい出力タイプと一緒のダッシュボード・ウィジェット
    • アノテーション (注釈) をアプリに組み込めるようになりました
    • 画像が含まれるとき、写真はアプリ・パフォーマンスを向上するためにダウンサンプルされます (解像度を落とす)
    • JavaScript コードの断片をアプリに加える機能:この強力な機能は、大きな柔軟性を与えます
    • 多くのダイアログでチェックボックスを True/False に置き換えました
    • 英語版がすべてのギリシア文字を扱えるようになりました
    • MatLab 出力を作成できるようになりました

v3.1 で追加された機能:

  • 生成される JavaScript アプレット、Lua アプレット、Dashboard ウィジェットに追加された新機能:
    • 新しい入力コントロール
      • 高度なボタン:変数をインクリメントできます。
      • メディアコントロール:変数の制御機能が増えました。
      • ランダム:指定範囲内で乱数を生成します。
      • タイマー:時計アプリやその他のアニメーションアプリの作成に便利です。
    • 出力にはボタンの表示/非表示を付けることができるようになりました。この機能を入力タイプのランダムと組み合わせれば、学生が回答ボタンをクリックすることで自分で答えをチェックし、その後、新しい問題ページをロードすることができる学習アプリの作成が非常に簡単になります。
  • 表示条件を使えば、任意のオブジェクトの表示と非表示を数学的条件に基づいて制御することができます。高度なボタンメディアコントロールと合わせて使えば、生成されるアプレットを制御して、複雑な図形の内部構造を徐々に明らかにさせることができます。
  • オブジェクトに条件、注釈、演算を同時に適用することができるようになりました。
  • Scalable Vector Graphics (.svg) が新しいエクスポートファイル形式として加わりました。
  • 新たに加わった2つの組み込み関数 ceil() と floor() 。

v3.0 SP2 で追加された機能:

  • OS X Dashboard ウィジェットの生成。iBooks に組み込み可能。
  • 両軸のスケールを個別に変更できるグラフモードの追加。
  • 計算精度に「有効数字」または「小数点以下の桁数」のいずれかを選択可能。
  • 背景色を変更可能。
  • 生成される JavaScript アプレットにおいて、直線や曲線に沿って点をドラッグ可能。
  • 生成される JavaScript アプレットにおけるマルチタッチのサポート。
  • Lua ソースコードの生成。

v3.0 で追加された機能:

  • 任意のプラットフォーム (iPhone/iPad を含む) で表示できるインタラクティブな JavaScript アプレットの自動生成。サンプルアプレットは、こちら、または、こちらをご覧ください。
  • アニメーション GIF ファイル形式 (Wikipedhia や PowerPoint で利用可能) でのアニメーションのエクスポート。
  • 測定量の各種ソースコード形式 (C, Objective C, C++, C#, VB, VBA, Java, JavaScript, ActionScript) へのエクスポート。
  • TeX 形式へのエクスポート
  • 区分関数

v2.2 で追加された機能:

  • 曲線を含む領域の数式による面積計算 (複数の関数の下側やこららにはさまれた領域を含む)
  • 弧 (円周上の弧、および、その他の曲線上の弧)
  • 数式による弧の長さの表現
  • 正多角形 (汎用変数 n)
  • N 辺の曲線近似 (汎用変数 n)
  • 高度な注釈機能

v2.1 で追加された機能:

  • 円と楕円の塗りつぶし
  • ソリッドオブジェクトに対する透明度のサポート
  • 全アイテムを描画する順序を変更できる機能
  • 非表示アイテムのクイック切り替え機能

v2.0 で追加された機能:

  • 方程式または焦点、通過点の条件によって定義される円錐曲線:放物線、双曲線。
  • トレース:形状の全ての族を一度に表示できます。
  • CAS サポート:サポートする CAS の一覧に TI-nspire を追加。
  • 注釈:入力でも出力でもない、単に注釈するだけの不活性な距離と角度記号を作成できます。
  • その他多数!