HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > Surfer (サーファー) > サポート > Surfer でサポートされている座標系を確認するには?
新規購入お見積
アップグレードお見積
Surfer (サーファー)
サポート

Surfer テクニカルサポート

更新日: 18/09/07

Surfer でサポートされている座標系を確認するには?

Surfer には、あらかじめ定義された数百もの座標系 (coordinate systems) と測地系 (datums) が装備されています。このライブラリにアクセスして内容を表示するには、以下の手段があります:

  1. ワークシートで、Data | Coordinate System | Assign Coordinate System を選択する。

  2. ワークシートで、Data | New Projected Coordinates をクリックして、

    Source Coordinate System または Target Coordinate System の隣にある (…) ボタンをクリックする。

  3. Plot ウィンドウで、Grids | Edit | Assign Coordinate System をクリックして、

    グリッドファイルのいずれかを選択して Open (開く) をクリックする。

  4. Plot ウィンドウの Contents ウィンドウで Map をクリックして、Properties ウィンドウの Coordinate System タブをクリックして、Change ボタンをクリックする。

  5. Plot ウィンドウの Contents ウィンドウで、レイヤー (例:Contours 等) をクリックして、Properties ウィンドウの Coordinate System タブをクリックして、Set ボタンをクリックする。

Assign Coordinate System ダイアログが開くと、投影図や座標系を検索することができます。以下に操作例を示します:

  1. 検索バーに EPSG 番号か、座標系の名称 (英語表記) の一部を入力して Search ボタンをクリックします。

  2. お持ちのデータが緯度経度座標である場合は、Geographic (lat/lon) セクションを開き、お使いの緯度経度 (lat/long) データの測地系 (datum) を選択します。

  3. お持ちのデータが、定義済みの系 (Regional Projection や UTM、 State Plane の座標系など) で作成されている場合は、Projected Systems セクションを開いてその中から選んでください。

  4. お持ちのデータが地図投影 (例:Lambert Conformal Conic) で作成されており、ユーザーによる入力 (例:中央経線) を要する場合は、New (Ne Geographic System) ボタンをクリックします。Projection の名称、ベースとなる Projection とその Parameter をを指定し、datum のいずれかを選択 (又はカスタムで Datum を作成) したら、OK をクリックします。
特定の地図投影を繰り返し使用する場合は、Add to Favorites ボタンをクリックしてお気に入りに登録します。これによって、Favorites セクションに登録されますので、この中からよく使用する地図投影を容易に見つけ出し選択することができます。