HOME > ソフトウェアパッケージ > 品質管理 > Easy Redmine(イージー・レッドマイン) > サポート
新規購入お見積
Easy Redmine
サポート

サポート

バージョン履歴(新機能・改良点)

  Easy Redmine 2018 v1.3

 

Training Center

開発元が提供している、トレーニングビデオです。

  Training Center(Easy Software 社のサイトへ移動します)

Knowledge Base

開発元が提供している、ナレッジベースです。

  Knowledge Base(Easy Software 社のサイトへ移動します)

 

よくある質問




通常の Redmine と Easy Redmine の違いは何ですか?

Easy Redmine は、包括的な Redmine の拡張です。使いやすく、高度な機能を持った製品になっています。商用ですのでコミュニティによるサポートではなく、開発元、代理店によるサポートを受けることができます。
また、Redmine と100% の互換性があります。Easy Redmine は Redmine の拡張として動作するため、常に最新のバージョンの Redmine と互換性があります。
※Redmine 自体の機能を置き換えることもあり、サードパーティの Redmine プラグインなどとの互換性がなくなることがありますので、ご注意ください。


すでに Redmine を使っているのですが、どのように Easy Redmine に移行するのですか?

Easy Redmine はプラグインとして動作するため、既存の Redmine のインストールに Easy Redmine を追加するだけです。再インストールを行ったり、新たにサーバー機を用意する必要はありません。


Easy Redmine のライセンス形態は何ですか?

Easy Redmine はオープンソースソフトウェアです。GNU GPL 2 のもとでユーザーにライセンスされます。ソフトウェアを購入すると、インストール可能なパッケージと、そのソースコードが提供されます。


「Easy Redmine [オンプレミス版]」 と 「Easy Redmine プラグイン」の違いは何ですか?

  • Easy Redmine プラグイン ⇒ プラグインにより、フリーの Redmine の特定の機能のみを拡張するものです。プラグインに関係しない画面、機能はフリーのものをそのまま使い変化はありません。
  • Easy Redmine [オンプレミス版] ⇒ 包括的な Redmine の拡張です。Redmine のあらゆる側面を使いやすく拡張します。さらに、Easy Redmine 用のオプションを追加することで、さらに広範な業務に対応します。


既存のプロジェクト管理ソフトウェアのデータを移行できますか?

  • Redmine からのインポート
    Redmine をアップグレードすることで、既存のプロジェクトに関するすべてのデータを移行することができます(データの移行ではなく、ソフトウェアのアップグレード)。
    • すべてのデータベースを移行可能(ソフトウェアをアップグレードするだけで、データのエクスポート/インポートは不要)
  • Microsoft Project からのインポート
    ツールを使って、Microsoft Project で作成されたプロジェクトやタスクを移行することができます。
    • プロジェクト、タスク、サブタスク、マイルストーンを移行可能
    • 自動でユーザーをマッピング(手動でも可能)
    • 各プロジェクトを1つずつ移行する(1プロジェクト=1ファイル)
  • Jira からのインポート
    Jira importer を使って、Jira のデータをインポートします。Jira から、選択したデータをエクスポートし、インポート時の指示に従ってデータを移行します。
    • 1つのファイルでプロジェクト・ポートフォリオ全体をインポート可能(プロジェクトは1つずつ移行することはできない)
    • インポートされたデータは自動的に既存の属性にマッピング
    • 添付も移行可能
  • Asana からのインポート
    インポーターを使って、Asana のデータをインポートします。Asana から、選択したデータをエクスポートし、インポート時の指示に従ってデータを移行します。
    • プロジェクトとタスクを基本的な属性とともにインポート
    • インポートされたデータは自動的に既存の属性にマッピング