新規購入お見積
アップグレードお見積
製品概要 新しい機能

KaleidaGraph 製品概要

データ入力

  • データウィンドウにデータを直接入力
  • Excel ファイルを直接読み込み(.xlsx ファイルを含む)
  • 他のアプリケーションファイルで作成したテキストファイル(タブ、空白、カンマ区切り)を
    インポート
  • ユーザ指定のデータ構成 (不変/可変データ幅、読み込み/省略データを含む) を読み込み
  • 他のアプリケーションのデータをクリップボードを介して貼り付け
  • 貼り付け時に最初の行を列タイトルとして使用可能
  • インポート中のデータセットをプレビュー
  • データ列に行番号、乱数、ユーザー定義の系列を入力
  • (Windows 版のみ) DDE クライアントのサポート

 

データ管理

  • 最大 160 のオープンデータウィンドウ(各ウィンドウは 100 万行× 1000 列まで)
  • データの種類:浮動小数点、倍精度、整数、日付、時間、テキスト
  • 日付と時刻の値を 18 種類から選択
  • データをマルチレベルで並べ替え
  • データウィンドウで保存したデータについてメモを作成
  • データウィンドウでデータを変更すると、自動的(または任意)にプロットに反映
  • 列幅と行高を独立調整
  • 列のフォント、フォントサイズ、スタイル、位置揃え、フォントの色、背景色を選択
  • 水平分割と垂直分割を追加して、同じデータウィンドウの異なるセクションを比較
  • データポイントをマスクして、プロットや分析から除外
  • 行と列を入れ替え
  • グループ化されたデータを簡単に再編成
  • ツールバーを使用して、キー操作をすばやく実行
  • Mac ファイルと Windows ファイルのデータ交換可能

 

データの解析

統計

  • パラメトリック検定
    一元配置分散分析 (one way ANOVA) と二元配置分散分析 (two way ANOVA)(反復測定)、
    t-検定(単一サンプル、対応あり/なし)
  • ノンパラメトリック検定
    Wilcoxon (Signed Rank, Matched Pairs, Wilcoxon-Mann-Whitney)、Kruskal-Wallis、Friedman
  • 多重比較 (Post Hoc tests)
    Tukey HSD、Bonferonni、Holm、Student-Newman-Keuls、Scheffe、Fisher’s LSD、Dunnett
  • インデックス付き生データをサポート
  • 記述統計
    最小値、最大値、合計、ポイント、平均、中央値、RMS、標準偏差、分散、標準エラー、歪度、尖度

数式入力

  • データ操作の数式は 100 以上の数式ツールから選択
  • table() 関数でデータ値を補間
  • 複数行の数式を記述して一度に実行可能
  • スクリプトを使用してデータのインポート、データの操作、プロットの作成、プロットのエクスポート/印刷のプロセスを自動化

マクロ/マクロ計算

  • 内蔵マクロで、カーブ下の面積、移動平均を計算し、さまざまなデータ系列を作成可能
  • 条件付きテスト、ブールテスト、サブルーチン、ネストされたループを使用して、独自のプログラムを作成
  • 1000 段階の RPN プログラム機能

 

プロットタイプ

  • 線形
    折れ線グラフ、散布図、ダブル X、ダブル Y、ダブル XY、高/低グラフ、ステップ、面グラフ
  • 棒/列
    水平棒グラフ、累積棒グラフ、ダブル Y 棒、フローティング棒水平、コラム、累積コラム、
    ダブル Y 、フローティング棒コラム
  • 統計
    確率、X-Y 確率、ヒストグラム、箱ヒゲ図、パーセンタイル、ドット、サマリーコラム
  • 極グラフ
  • 円グラフ
    円スライスの展開が可能
  • 関数プロット
    数式をプロット
  • テンプレートプロット
    異なるデータを使用して同じタイプのプロットを生成。 エラーバーとカーブフィットは新しいプ
    ロットに自動適用
  • ビン化されたデータ
    エクスポートして、ヒストグラム、ステッププロット、スパイクプロットを作成可能
  • 単一のプロットを使用して線/列プロットを作成可能

 

プロットのカスタマイズ

  • プロット属性を完全カスタマイズ:
    軸極限、ラベル度数、目盛り、グリッド、色、フォント、スタイル、凡例、プロットサイズなど
  • マーカー表示数、マーカーの形状(60 種類から選択)、サイズ、塗りつぶしの色、フレームの色を制御
  • 最初の目盛りを設定して目盛りの間隔を指定
  • 線形、対数、自然対数、対数(底2)軸のスケーリング
  • 対数軸の部分的な 10 進
  • 主軸とリンクさせて、X2 軸と Y2 軸の目盛りと軸ラベルを制御
  • 軸の非表示、反転、交換
  • 軸中断をフレキシブルに挿入:ギャップ、位置、長さ、中断後の間隔を定義
  • オフセット軸:パーセントまたは特定の値に基づいて設定
  • 科学表記および技術表記のプロットラベルを 5 種類の形式から表示
  • 日付と時間軸のラベルの形式と表示を制御
  • 軸ラベルに接頭辞または接尾辞を追加
  • ポイントから X 軸または Y 軸、あるいは両軸にドロップラインを表示
  • プロット要素を配置するためのルーラーとグリッドを表示
  • 軸、グリッド、目盛り、線、エラーバーなどの太さを制御
  • テキスト、線、矢印、ボックス、楕円、円弧、ポリゴン、ベジェ曲線をプロットに追加
  • テキストラベルに特殊文字、下付き文字、上付き文字を挿入
  • オブジェクトのコピー、複製、グループ化、整列、レイヤー機能
  • カラーパレットのカスタマイズ

 

カーブフィッティング:回帰曲線の作成

  • 最小二乗カーブフィット:
    線形、多項式、指数、対数、累乗
  • 非線形カーブフィット:
    事前定義された方程式を利用、または独自の方程式を入力(最大 9 パラメータ)
  • カスタマイズ可能な 100 を超えるカーブフィット定義のライブラリ
  • スムージングカーブフィット:
    スムース、加重、3 次元スプライン、補間
  • 1 つのプロット上で同時に最大 16 のカーブフィット定義が可能
  • カーブフィットの軸極限まで外挿法により推定可能
  • カーブフィットの結果:
    フィット方程式、パラメータ、r または r^2、カイ 2 乗およびパラメータエラー(非線形カーブフィット)
  • 線形カーブフィットの統計:
    調整済 r^2、標準誤差、F 値、P 値、t 値、95% 信頼区間の上限と下限
  • カーブフィットの結果を新しいデータウィンドウに集計
  • カーブフィットまたは残差のデータ値をデータウィンドウにコピーして、さらに分析
  • ユーザー定義の重みを非線形フィットに補間
  • 非線形カーブフィットの偏導関数を提供
  • 線形フィットの原点強制通過オプション

 

その他のプロット機能

  • エラーバーの表示、上下の長さなどのカスタマイズ。エラー値はデータ列で計算または指定可能
  • テキストエラーバーを使用して、プロット上のポイントに注釈付け
  • エラーバーの代わりに円弧または楕円を表示
  • データ領域をワークシート上でマスクして、データポイントを一時的に削除
  • 各グラフ上でデータの座標表示が可能
  • 棒グラフ、列グラフ、円スライスの数値をプロットに自動的に配置
  • 軸の単一セットで一度に最大 99 の従属変数をプロット
  • 1 つのプロットで複数のデータセットを結合
  • 1 つのデータセットから多重の X 変数をプロット
  • ダイアログを離れることなく、プロットの変更をプレビュー
  • 欠落値がある場合は常に変数行にギャップを表示
  • ヒストグラムを、ビンの数またはビンのサイズを指定することで作成可能
  • ドットプロットに平均または中央値を表示し、ポイントの散布図を制御
  • 極座標プロットのグリッドタイプ、データ形式、参照角度、方向を制御
  • プロットスクリプトを実行して、同じ外観の複数のプロットを作成

 

グラフィックのエクスポート

  • Mac 版は最大 1400 dpi、Windows 版は最大 800 dpi で、プロットをエクスポート可能
  • プロットとレイアウトをクリップボードにコピーして、別のアプリケーションに貼り付け
  • プロットとレイアウトを Metafile (Windows)、JPG、GIF、TIFF、PICT、PNG、BMP ファイル形式で保存
  • プリンタードライバを利用して EPS (Windows)、PDF (Mac) を作成
  • TIFF 画像は、CMYK カラーテーブルを使用してエクスポート可能
  • エクスポートしたプロットの次元を指定
  • エクスポートしたプロットまたはレイアウトの周囲の空白の量を簡単に最小限に抑制
  • レイアウトウィンドウを使用して、1 つのページにプロット、テキスト、グラフィックを簡単に組み合わせ可能
  • プロットとレイアウトを 1 つのファイルに保存
  • (Windows のみ) OLE サーバーのサポート
  • (Windows のみ) Microsoft Office とのシームレスな相互作用。Powerpoint でのプロットのグループ化解除が可能