HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > LogPlot (ログプロット) > 製品概要
新規購入お見積
LogPlot (ログプロット)
製品概要
製品概要 新しい機能

LogPlot 8 製品概要

Log Designer

予め用意された編集用テンプレート (40種類以上のテンプレートが用意されています) を利用するか、または Log Designer ツールを使って独自のログを作成できます。LogPlot Designer は、マウス操作で簡単に利用できます。複数選択も可能です。ヘッダ、フッタ、および、本体となるログの部分は領域が区切られており、それぞれ個別に編集することができます。ヘッダ・フッタツール10種とログ本体ツール18種にすばやくアクセスできるようにツールバーボタンも用意されています。

 

Data Editor

LogPlot DataEditor のスプレッドシートウィンドウはタブで区切られており、効率的なデータ入力ができます。岩石 (Rock) や土壌 (Soil) の入力切替もポイント&クリックで選択できます。データ入力に際しては、直接入力、ペーストによる入力のほかに、外部からデータ読み込むことができます。LogPlot Data Editor には、深度間隔 (Depth Interval) の自動調整、数値演算、データのスムージングとフィルタリング機能、また、LAS、Excel、RockWorks で作成されたボーリング孔データ、テキスト、DBF といった各種データ形式のインポート機能など様々なツールが備わっています。ユーザーは USGS および USCS 形式の岩相パターンやキーワードにアクセスできます。

 

ボーリング孔ログの編集

ログデザインとデータファイルを開き、プロットスケールの設定 (英国単位またはメートル法単位) を行い、OK をクリックするだけで、LogView ウィンドウの画面にボーリング孔ログが表示されます。LogPlot 8 では、複数のログを同時にコンパイルすることができます。

 

Project Manager

Project Managerウィンドウによって、すべての Dataファイル、Designファイル、Plotファイルを指定したプロジェクトディレクトリで見ることができます。File Manager でも RockWorksデータベースファイルに保存されたボーリング孔データの直接読み込みやリンクが可能です。複数の LogPlotデータファイル、RockWorksボーリング孔ファイル、グラフィックログファイルを1度に簡単に開くことができます。

File Manager

 

単一ページ印刷または連続印刷

Windows にインストールされたプリンタやプロッタを使って単一シートまたは連続用紙による印刷ができます。

 

RockWorks、LAS、Excel 形式でのデータ出力機能

LogPlot データは、ASCII ファイルまたはエクセルファイルにエクスポートできます。また LogPlot カーブデータを標準の LAS 2.0 フォーマットにエクスポートできます。また、RockWorks は LogPlot データファイルを Borehole Manager データベースに直接インポートすることができます。

 

ボーリング孔ログダイアグラムの書き出し

ボーリング孔プロットを PDF または HTML 形式のテーブルに書き出すことができます。これにより、WEBブラウザでデータの連続表示が可能となり、また、配信も容易になります。個々のログページは BMP、JPG、TIFF、PNG 画像にエクスポート、または全ページを一つの画像にエクスポートすることもできます。また、ReportWorks に書き出してページレイアウトを表示することもできます。

  • ReportWorks の機能:
    • 印刷・出版用のページレイアウト
    • RockPlot2D で作成された画像なら何でも挿入可能:マップ、クロスセクション、柱状図、グラフ、ダイアグラムなど。サイズは自由に調整可能。数値設定も可能
    • ラスタ画像 (BMP, JPG, TIF) の挿入。 geo-referenced 画像も可能
    • テキストラベルとパラグラフの追加
    • 座標ラベルとスケールバーの挿入
    • パターン凡例の追加
    • 記号、線、円、ポリゴン、ポリラインの挿入

 

バッチコンパイル機能

画面上でデータファイルリストを作成し、それらをグラフィックログにコンパイルできます。コンパイルされたデータは、印刷したり、データとして保存することができます。

 

ビルトインされたチュートリアル

LogPlot チュートリアルは、ボーリング孔の設計から、データの入力、プログラムの設定、ログのコンパイルといった一連の操作を段階を踏んで学ぶことができます。

 

USCS/USGS パターンと国際キーワードセット

パターンファイルとキーワードセットは RockWare スタッフによって細心の注意を払ってデザインされています。これらは USGS internal standards はもちろん、United Soil Classification System に準拠しています。また、岩相キーワードは、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語にも対応しています。