HOME > ソフトウェアパッケージ > 文書・ファイル管理/ファイルサーバー > DITAWorks
新規購入お見積
DITAworks (ディタ・ワークス)
DITA によるマニュアル作成システム

DITA コンテンツ管理システム・ソリューション

DITAworks は DITA(Darwin Information Typing Architecture) を使ってマニュアル作成環境を構築するためのシステムです。XML をベースとしたこのような文書の管理システムは CCMS (Component Content Management System) と呼ばれます。DITAworks は、DITA を使ったプロセス専用に設計され、編集から、ローカライズ、最終成果物の生成までをサポートします。 

 

DITAworks とは?

DITAworks は、ワークグループレベルから企業レベルまでをカバーする DITA CMS(コンテンツ管理システム)です。DITA コンテンツの編集から、管理、発行までを行います。構造化されたコンテンツ、複雑な文書、統合されたコンテンツ再利用フローを持った文書群の整理と管理のために設計されました。

DITAworks は、特定の業界に依存せず、幅広い業種ですでに活用されています。どの業界でも DITAworks の持つ、コンテンツの再利用、処理のしやすさ、コンテンツ内のエラーの軽減、最適なインフラの構築、効率的なワークフローの作成、安定したCMSの運用のメリットを享受することができます。コンテンツの作成や翻訳での作業量を減らし、発行までの時間を短縮し、コンテンツの品質を向上します。

コンテンツは、小さな、自己完結した、再利用可能なユニット(トピック)に分割されます。これらのトピックは、マップによって組み立てられます。異なるフォーマットやコンテクストで発行する時には、変換プロファイルを使います。条件付きの発行により、ターゲットとなるグループやパーソナライズされた配信をすることも可能です。

よくある適用領域は、製品マニュアル、オンラインヘルプ、製品説明書、サポート用 Web ページ、e-ラーニングのコンテンツのようなテクニカル・ドキュメンテーションや金融業界、ヘルスケア・製薬業界のドキュメントなどです。

 

DITAworks の導入

DITAworks は、Web ベースの快適なソリューションです。製品のバックエンドには、IBM FileNet または Alfresco を使うことができ、ワークグループからエンタープライズ・レベルまでスケーラブルで、包括的なコンテンツ管理機能を提供します。

 

DITAworks の主な機能

  • 使いやすい必要なDITA作成のすべてのツールを一カ所に集約
  • XML の編集を WYSIWYG モードで組み込まれている oXygen Web Author を実装
  • DITA トピックとマップ作製のウィザードとテンプレート
  • ドラッグ&ドロップによるビジュアルな DITA マップエディター
  • リンク管理(オブジェクトレベルの内向き、外向きのリンクの概要、変更時のリファクタリング、リンクの一貫性チェックなど)
  • プレビュー
  • DITA の再利用の概念の効率的なサポート
  • 自動化されたバリデーションと修正の機能
  • 拡張可能な検索機能
  • インポート/エクスポート機能
  • 多くの出力フォーマットをサポート(PDF、HTML、RTF、EPUB等)
  • レビュー処理のサポート
  • 翻訳プロセスのサポート
  • ブランチ、ベースライン、比較機能などのバージョン管理システムを実装