HOME > ソフトウェアパッケージ > 結晶 > CrystalDiffract (クリスタルディフラクト)
新規購入お見積
アップグレードお見積
CrystalDiffract (クリスタルディフラクト)
X線および中性子粉末回折データの解析 / シミュレーションソフト

製品は英語アプリケーションです。

デスクトップの回折計 (Diffractometer)

CrystalDiffract 6.8 がリリースされました。新機能についてはこちらをご覧下さい。(2019/01/17)

CrystalDiffract は、X 線と中性子の粉末回折の世界を直観的に、インタラクティブに、そして、楽しく取り扱えるよう設計された全く新しいスタンドアロン・プログラムです。

CIF ファイルを含む各種結晶ファイルを CrystalDiffract に読み込むと、X 線や中性子の粉末回折パターンをシミュレーションできます。リアルタイムのパラメータ制御で、回折やサンプルの設定内容が即座に反映される実験を行うことができます。混合の生成、および、観測データを同一ウィンドウに読み込む機能とこれらの機能が一体化されているため、研究者、教師、学生のワークベンチアプリケーションとして強力な味方となります。

 

CrystalMaker X Office: (左) CrsytalMakerの結晶構造、 (右上) CrystalDiffractの粉末回折、
(右下) SingleCrystalの単結晶回折

 

Direct Visualizationリンクで、メニューコマンド一つでシミュレートしたパターンの結晶構造を CrystalMaker で可視化できます。

 

関連製品

CrystalMaker は CrystalDiffract (粉末回折) ソフトウェアと SingleCrystal (X線、中性子、TEM単結晶回折) ソフトウェアを使って、表示した結晶構造の回折パターンをメニューコマンド一つでシミュレーションすることができます。

 

SingleCrystal は CrystalMaker で保存した結晶ファイルから、電子線回折パターンの表示とシミュレートができます。 電子線回折のパターンのシミュレーションと同様に、逆格子空間の特定セクションを、格子か重み付き格子の表示オプション付きで可視化することもでき、回折点間のミラー指数、計測距離と角度表示等、数々の機能を実装しています。