HOME > ソフトウェアパッケージ > 数値データ解析/可視化 > Igor Pro (イゴールプロ) > 製品概要 > グラフ作成機能 > 3D とボリューム
新規購入お見積
アップグレードお見積
Igor Pro (イゴールプロ)
製品概要 : グラフ作成機能

3D とボリューム

Igor Pro では、サーフェイスやボリュームデータを可視化するための様々なツールが用意されています。通常、サーフェイスプロットは、スカラー値の 2 次元分布を描画するワイヤーフレーム、または、塗りつぶされたサーフェイスから成ります。散布図は、3D 空間における任意の位置の分布を表します。等値面ボクセルグラムは、3D 空間の中でスカラー値がある一定の値に等しい場所を示します。パラメトリックサーフェイスは、外部パラメータの関数で定義されたサーフェイスの塗りつぶされた形状またはワイヤーフレームです。3D オブジェクトプロットは、たくさんの 3D プリミティブで構成された 3D シーンがレンダリングされたものです。ボリュームスライスは、データの一部を通るスライスをひとつ以上表示することによって 3D データを可視化する時によく使われます。

 

3D ツール

Igor Pro には、3D およびボリュームデータを表示するために、主に2種類のツールが備わっています。Gizmo と 3DWaveDisplay プロシージャです。Gizmo は、3D シーンを描画するための OpenGL テクノロジーを利用した多目的な外部モジュールです。3DWaveDisplay プロシージャは、ボリュームデータの直交スライスを表示するのに利用されます。以下の表は、それぞれのデータ形式で作成できるグラフタイプのリストです。

データ形式 グラフタイプ ツール
2次元行列 ワイヤーフレーム Gizmo
サーフェイスプロット Gizmo
交差するサーフェイス Gizmo
XYZ データ 3D 散布図 Gizmo
3D パスプロット Gizmo
3D 散布およびサーフェイス Gizmo
リボンプロット Gizmo
ボリューム
データ
3D 投影 3DWaveDisplay Procedures
直交スライス Gizmo
等値面 Gizmo
ボクセルグラム Gizmo
3D オブジェクト 3D シーン Gizmo

 

Gizmo チュートリアル

以下の動画チュートリアルは、Gizmo の基本的な機能と応用的な機能の開発元によるデモンストレーションです。(英語: .mov ムービーデータ)

イントロダクション:

テクニック:

上級編:

 

3D プロットの例

  • サーフェスプロット
    Igor はボリュームの2次元行例や XYZ 座標を含む散布データからサーフェスプロットを作成することができます。

  • パスプロットとリボンプロット
    • パスプロット
    • リボンプロット
      ランダム
      リボン
      渦巻き

  • 3D 散布図

  • 3D オブジェクトプロット

  • 等値面

  • ボクセルグラム

  • ボリュームスライス

  • 3D アニメーション