HOME > ソフトウェアパッケージ > 数値データ解析/可視化 > Igor Pro (イゴールプロ) > 製品概要 > プログラミング機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
Igor Pro (イゴールプロ)
製品概要:プログラミング機能

プログラミング機能

  • プロシージャ
    Igor はダイアログやコマンドラインを使用して強力なデータ処理や分析をインタラクティブに実行できますが、日常のタスクを自動化したり、カスタム数値演算を作成する場合は、プロシージャを使用する必要があります。 ユーザー自身でプロシージャを記述でき、WaveMetrics によって供給されるプロシージャを使用したり、他の人が記述したプロシージャを使用することもできます。Igor のプログラミングでは、プロシージャウィンドウにテキストを入力してプロシージャを作成します。プロシージャを入力した後は、コマンドライン経由か、メニューから項目を選択するか、あるいは、コントロールパネルでボタンを使用してプロシージャを実行できます。


  • 構文のカラー設定
    プロシージャエディタは、コメント、文字列、フローコントロールやその他の関数をカラー表示します。


  • コンテキストヘルプ機能
    Igor には、550 を超える関数や操作関数が組み込まれていますが、これらすべてのインプット・アウトプットパラメータを憶えるのは至難の業です。Igor のプロシージャウィンドウには、コンテキストヘルプ機能(ウィンドウズでは右クリックで、Mac では Ctrl + クリックであらわれるメニュー)が備わっており、これを使うことでプログラミング作業が楽になります。


  • シンボリックデバッガ
    プロシージャから所定の結果が得られない場合は、Igor の組み込みデバッガを使用すると、コードを 1 ステップずつ実行しながらユーザー定義マクロや関数の実行状態を監視できます。デバッガウィンドウは、以下のイベントのいずれかが発生すると自動的に表示されます。
    1. 事前に設定したブレークポイントが検出された場合
    2. エラーが発生し、その種のエラーに対するデバッグが可能になっていた場合
    3. エラーダイアログが表示され、デバッグボタンをクリックした場合


  • カスタムインターフェースの例