HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > RockWorks (ロックワークス) > 製品概要 > データタイプ
新規購入お見積
アップグレードお見積
RockWorks (ロックワークス)
製品概要

データタイプ

RcokWorks を使えば、岩相、地層、地球物理学、地球化学、断裂、および水位データを保存し、補間することができます。

  • RockWorks における岩相データの取扱い
    連続的な岩相モデルを RockWorks が専門とするモデリング手法で補間することができます。岩相データは、岩相モデルまたは岩相データそれ自体にもとづいた様々な形式で RockWorks で表示できます。

  • RockWorks における地層データの取扱い
    3D 地層モデルで作成される連続的な地層を RockWorks アルゴリズムを使用して補間できます。地層データは、地層サーフェス、3D モデル、または地層データそれ自体にもとづいた豊富な形式で RockWorks で表示できます。

  • 地球物理学、地球化学、および、地質工学用の坑井データ
    地球物理学的な計測値、地球化学的な値、地質工学での計測値など様々な値を坑井柱状図のデータとすることができます。こうしたデータは、深度点(depth points)または深度区間(depth intervals)のいずれも入力できます。坑井データの連続的な 3D モデルの作成には RockWorks の補間アルゴリズムが使用されます。RockWorks には豊富な表示法と解析法が用意されており、とりこまれた坑井データを連続的な 3D モデルとして表示することも、データそのものとして表示することもできます。

  • RockWorks におけるカラーデータのモデリング
    RockWorksはボーリング孔にあるカラー範囲のリストから補間された連続的なカラーモデルを、モデリングメソッドに特化して使用します。カラーデータはRockWorksの多くのフォーマットが元になっているカラーモデルにて表示することができます。インポートツールで描画において、ベースとなるカラー範囲や (マンセル・カラー・システムのような) 、ラスター画像 (岩心の画像など) を登録できます。

  • RcokWorks における断裂(フラクチャ)データ
    断裂専用のモデリングアルゴリズムを利用して断裂近傍のソリッドモデルを作成できます。RockWorks を使用すれば、様々な手段で断裂データを解析したり表示することができます。

  • RcokWorks における帯水層および水文学データの取扱い
    RockWorks では、帯水層データを取り込んで解析したり表示することができます。帯水層データは、データとしてそのまま利用することも、豊富に用意されたグリッド手法で連続的なサーフェスに補間して利用することもできます。

  • データベースツール
    坑井データは、Microsoft Access データベース(.MDB)形式で保存されますが、見た目は RockWorks の従来のバージョンと同じです。

RockWorks における岩相データの取扱い

連続的な岩相モデルを RockWorks が専門とするモデリング手法で補間することができます。岩相データは、岩相モデルまたは岩相データそれ自体にもとづいた様々な形式で RockWorks で表示できます。

岩相柱状図(Lithology logs)

  • 計測された岩相の区間を柱状図( 2D および 3D)や柱状断面図で表示します。
    地質工学データの 3D 岩相柱状図群

岩相モデルの側面図と断面図(profiles and cross-sections)

連続的な岩相モデルを単一パネルの垂直スライスである「側面図」、または、複数パネルからなる断面図で表示します。

  • 岩相の凡例を追加できます。
  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • 断面位置図を自動で作成できます。
  • 2D 柱状図を自動で追加できます。
    柱状図を重ねた岩相側面図

岩相モデルの 3D スライスまたはフェンスダイアグラム

連続的な岩相モデルを 3D スライスまたはフェンスパネルで表示します。

  • 岩相の凡例を追加できます。
  • 通常規定または独自仕様のフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューアーでパネル表示の ON/OFF、ズーム、回転等フェンスを操作できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
  • フェンスパネル位置図を自動で作成できます。
    ソリッドモデルをもとにした
    岩相データ

岩相モデルの 3D ソリッド

連続的な岩相モデルを 3D ウィンドウにソリッド表示できます。

  • 岩相タイプ毎の体積を表示できます。
  • 特定の岩相タイプにフィルタをかけることができます。
  • 3D ビューアー内でモデルをズーム、回転することができます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
    ソリッドモデルをもとにした
    岩相データ

岩相をベースとする地質図(Lithology based geology maps)

岩相をもとにして地質図を作成できます。

  • 地表または地中構造等のサーフェスと交差する岩相を表示します。
  • 岩相図をユーザー指定の深度(水平スライス)で作成できます。
  • 色や岩石種パターンをつかって岩相を表示できます。
    岩相ソリッドモデルと地中水平面が交差する地質図

岩相の定量データ解析(Lithology quantitative data analysis)

  • ユーザー指定の区間で岩相タイプ毎の詳細な体積レポートを作成できます。レポートには材質の割合、ノード数、質量の一覧を含めることもできます。
  • 岩相の区間を定量値(孔隙率、粒径など)に変換できます。

RockWorks における地層データの取扱い

3D 地層モデルで作成される連続的な地層を RockWorks アルゴリズムを使用して補間できます。地層データは、地層サーフェス、3D モデル、または地層データそれ自体にもとづいた豊富な形式で RockWorks で表示できます。

地層柱状図(Stratigraphy logs)

  • 計測された地層の区間を柱状図( 2D および 3D)や柱状断面図で表示します。
    地層柱状図

地層断面図とフェンスダイアグラム

  • 計測データにもとづいて簡単な層序対比パネルをホール間断面図または 3D フェンスダイアグラムで表示します。
    地層断面図

地層側面図と複数パネル断面図

地層サーフェスを単一パネルの垂直スライス(「側面図」)または複数パネル断面図で表示します。

  • 地層の凡例を追加できます。
  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • 断面位置図を自動で作成できます。
  • 2D 柱状図を自動で追加できます。
    地層側面図

地層スライスまたはフェンスパネル

地層モデルを 3D スライスまたはフェンスパネルで表示します。

  • 地層の凡例を追加できます。
  • 通常規定または独自仕様のフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューアーでパネル表示の ON/OFF、ズーム、回転等フェンスを操作できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
  • フェンスパネル位置図を自動で作成できます。
    フェンスパネル

積層サーフェスにもとづく地層モデル

積層サーフェスとして完全な地層モデルを 3D ウィンドウに表示します。

  • レイヤー毎の体積を表示できます。
  • レイヤー表示の ON/OFF、色、サーフェススタイルを調整できます。
  • 3D ビューアー内でモデルをズーム、回転できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
    3D 柱状図

層序に基づく地質図

層序にもとづいて地質図を作成できます。

  • 地表または地中構造等のサーフェスと交差する地層を表示します。
  • ユーザー指定の深度(水平スライス)で地層図を作成できます。
  • 色や岩石種パターンをつかって地層を表示できます。
    層序に基づく地質図

ArcScene を使ったフェンスダイアグラムの表示

  • ArcSene で表示させるための地層フェンスダイアグラムを作成できます。観測データ、補間データのいずれも使用できます。
    ArcScene を使ったフェンスダイアグラム

地層データのボリューメトリクス

  • ユーザー指定の区間で地層レイヤー毎の体積レポートを作成できます。レポートには材質の割合、ノード数、質量の一覧を含めることもできます。
    地層データのボリューメトリクス

補間されたグリッドモデルにもとづく地層モデルとフェンス

  • インポートまたはデータ操作されたグリッドモデルをもとに手動で地層モデルとフェンスを構築できます。単元を取り出す切断値を調整できます。これによって複雑な地層でも 3D で表示することができます。
    補間されたグリッドモデルにもとづく地層モデル
  • 地球物理学、岩相学、またはその他の柱状図データから層序単元を選び出すことができます。インタラクティブな地層ピッカーを使えば、既存データを表示し接触位置を取り出すことができます。
    インタラクティブな地層ピッカー

地球物理学、地球化学、および、地質工学用の坑井データ

地球物理学的な計測値、地球化学的な値、地質工学での計測値など様々な値を坑井柱状図のデータとすることができます。こうしたデータは、深度点(depth points)または深度区間(depth intervals)のいずれも入力できます。坑井データの連続的な 3D モデルの作成には RockWorks の補間アルゴリズムが使用されます。RockWorks には豊富な表示法と解析法が用意されており、とりこまれた坑井データを連続的な 3D モデルとして表示することも、データそのものとして表示することもできます。

坑井データ柱状図

観測データを 2D/ 3D 柱状図および柱状断面図で表示します:

  • 測点データ(Point-sampled data):曲線(2D および 3D)またはディスク(3D)
  • 区間データ(Interval-sampled data):棒グラフ(2D)または球、ディスク、偏球、棒(3D)
    球と偏球としてプロットされた区間データ(I-data)

連続モデル:側面図と複数パネル断面図

連続データモデルを単一パネルの垂直スライス「断面図」または複数パネルの断面図で表示します。

  • 色別の凡例を追加できます。
  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • 断面位置図を自動で作成できます。
  • 2D 柱状図を自動で追加できます。
    点データ(P-data)の側面図

連続モデル:スライスとフェンスパネル

連続データモデルを 3D スライスまたはフェンスパネルで表示します。

  • 色別の凡例を追加できます。
  • 通常規定または独自仕様のフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューアーでパネル表示の ON/OFF、ズーム、回転等フェンスを操作できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
  • フェンスパネル位置図を自動で作成できます。
    ソリッドモデルの連続データから作成されたフェンスダイアグラム

連続モデル:等値面とボクセルソリッド

連続データモデルを等値面またはボクセルソリッドで 3D ウィンドウに表示します。

  • 特定のデータ値にフィルタを容易にかけることができます。
  • フィルタをかけられたモデルの体積を表示できます。
  • 3D ビューアー内でモデルのズーム、回転ができます。
  • 水平および垂直スライスを挿入できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
    等値面として表示された連続データモデル

坑井データの平面図(Plan View Map)

  • ユーザー指定の深度でスライスされたモデルの平面図を作成できます。
    坑井データの平面図

RockWorks におけるカラーデータのモデリング

RockWorks はボーリング孔にあるカラー範囲のリストから補間された連続的なカラーモデルを、モデリングメソッドに特化して使用します。カラーデータは RockWorks の多くのフォーマットが元になっているカラーモデルにて表示することができます。インポートツールで描画において、ベースとなるカラー範囲や (マンセル・カラー・システムのような) 、ラスター画像 (岩心の画像など) を登録できます。

カラーログ

  • strip ログ (2D および 3D) やログセクションにおける観測されたカラー範囲を表示できます。
    3D カラーログ

断面や横断面の補間カラー

シングルパネルの垂直のスライスまたは "断面" や、マルチバネルの断面図の連続したカラーモデルを表示できます。

  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • セクション位置図を自動で作成できます。
  • 断面に "ストリップマップ (帯状図)" およびカラー (collar) の隔たりを含めることができます。
  • 2Dログを自動的に追加します。
     2Dログを含むカラー断面図

3Dフェンスパネルとしてスライスされたカラーモデル

3D スライスまたはフェンスパネルの連続カラーモデルを表示します。

  • 一般的な形状またはユーザー自身が描画することでフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューワーでフェンスを操作できます。(ズーム、回転の ON、OFF を切り替え)
  • 3D ログを自動的に追加します。
  • フェンスパネルの位置図を自動的に作成します。
    カラーモデルを元にした3Dフェンスダイアグラム

3Dソリッドカラーモデル

3Dウィンドウにて立体として連続カラーモデルを表示します。

  • 特定のカラー範囲を検索できます。
  • 様々な色材の量を見ることができます。
  • 3D ビューワーで拡大、モデルの回転が可能です。
  • 3D ログを自動的に追加します。
    補間カラーソリッドモデル

坑井データのカラー平面図

坑井データ平面図、カラーモデルの切片の描画を作成します。

  • 地面または地中の構造などの面が交わるモデルの色を表示します。
  • ユーザー指定の高度で (水平のスライスで) カラーマップを作成します。
    カラーマップ – 地表に沿って抽出された補間カラー

 

RcokWorks における断裂(フラクチャ)データ

断裂専用のモデリングアルゴリズムを利用して断裂近傍のソリッドモデルを作成できます。RockWorks を使用すれば、様々な手段で断裂データを解析したり表示することができます。

柱状図における断裂データ

  • 断裂(フラクチャ)を方向性をもつディスクとして様々な色とサイズで 3D 柱状図上に表示します。
    方向性をもつディスクとして表示されたフラクチャ

側面図または複数パネル断面図としての断裂モデル

断裂モデルを単一パネルの垂直スライス「側面図」または複数パネルの断面図で表示します。

  • 色分けされた凡例を追加できます。
  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • 断面位置図を自動で作成できます。
    断裂データ側面図

スライスまたはフェンスパネルとしての断裂モデル

連続した断裂モデルを 3D スライスまたはフェンスパネルで表示します。

  • 色分けされた凡例を追加できます。
  • 通常規定または独自仕様のフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューアーでパネル表示の ON/OFF、ズーム、回転等フェンスを操作できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
  • フェンスパネル位置図を自動で作成できます。
    断裂データのフェンスダイアグラム

等値面またはボクセルソリッドとしての断裂モデル

連続した断裂モデルを等値面またはボクセルソリッドで 3D ウィンドウに表示します。

  • 特定の断裂距離値にフィルタを容易にかけることができます。
  • フィルタをかけられたモデルの体積を表示できます。
  • 3D ビューアー内でモデルのズーム、回転ができます。
  • 水平および垂直スライスを挿入できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
    断裂データのソリッドモデル

断裂データマップ

  • ユーザー指定の深度でスライスされたモデルの平面図を作成できます。
  • モデルが地表または地下構造などのサーフェスと交差する断裂マップを作成できます。
    3D 断裂モデルと水平面が交差する面をもとに作成された断裂マップ

RcokWorks における帯水層および水文学データの取扱い

RockWorks では、帯水層データを取り込んで解析したり表示することができます。帯水層データは、データとしてそのまま利用することも、豊富に用意されたグリッド手法で連続的なサーフェスに補間して利用することもできます。

柱状図における時間ベースの水位

  • 観測された帯水層のトップとベースを柱状図(2D および 3D)や柱状断面図に表示します。
    時間ベースの水位をあらわす
    2D 柱状図

垂直側面図または複数パネル断面図としての連続的なサーフェス

単一パネルの垂直スライス(「側面図」)または複数パネルの断面図としてサーフェスを表示します。

  • 境界座標ラベルを追加できます。
  • 断面位置図を自動で作成できます。
  • 2D 柱状図を自動的に追加できます。
    帯水層/半帯水層(aquifer/aquitard)モデルの 2D 側面図

スライスまたはフェンスパネルとしての連続的なサーフェス

帯水層モデルを 3D スライスまたはフェンスパネルで表示します。

  • 通常規定または独自仕様のフェンスパネルを作成できます。
  • 3D ビューアーでパネル表示の ON/OFF、ズーム、回転等フェンスを操作できます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
  • フェンスパネル位置図を自動で作成できます。
    地中帯水層のためのフェンスパネル

連続サーフェスの 3D 表示

サーフェスとして帯水層モデルを 3D ウィンドウに表示します。

  • 帯水層の体積を表示できます。
  • 色やサーフェススタイルを調整できます。
  • 3D ビューアー内でモデルのズーム、回転ができます。
  • 3D 柱状図を自動で追加できます。
    上部と下部を束縛された帯水層サーフェスをあらわす 3D 帯水層モデル

地下水面(water tables)の等高線図

  • 帯水層の上部または下部の 2D 等高線図を作成できます。
    帯水層サーフェスの 2D 等高線図

データベースツール

坑井データは、Microsoft Access データベース(.MDB)形式で保存されます。外観や操作性は RockWorks の従来のバージョンと同じです。

  • RockWorks の Borehole Manager は、Microsoft Access (.MDB) にデータを保存します。


  • Borehole Manager にはスプレッドシート型のエディタが装備されており、区間データ(Interval data)と測点データ(Point data)のテーブルを編集できます。


  • シンプルで高度なクエリーツールを使えば、検索条件(some/any/all)に合ったボーリング孔を容易に選択できます。プレビューウィンドウには坑井の使用可能/使用不可能が表示されます。
    • マップ位置
    • 標高/合計深度
    • 岩相タイプ
    • 地層タイプ
    • 区間データ値
    • 測点データ値
    • 水位日付
    • その他の位置テーブルフィールド

  • リンクされた「タイプ」テーブルによるデータの完全性
    • 岩相マテリアル
    • 層序単元
    • 坑井構成マテリアル
    • I-Data の名前、値
    • P-Data の名前、値

  • その他のツール:
    • データベースのバックアップ:ボタンをチェックすることでプロジェクトデータベースのバックアップコピーを保存できます。
    • データベースのリストア:バックアップ MDB のリストアをおこないます。
    • データベースの完全性のチェック:自己回復
    • 表示させたいデータテーブルの表示コントロール