HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > RockWorks (ロックワークス)
新規購入お見積
アップグレードお見積
RockWorks (ロックワークス)
地質情報の管理・分析・視覚化
製品は英語アプリケーション・英語オンラインマニュアルです。

地質情報の管理・分析・視覚化

RockWorks 2020 がリリースされました。新機能については こちら をご覧ください。(2020/05)

RockWorks は、環境、地盤工学、鉱業、石油産業向けの 2D/3D マップ、ログ(柱状図)、クロスセクション(断面図)、地質モデル、ボリュームレポート、一般的な地質図を作成するための包括的なソフトウェアプログラムです。

地表および地表下のデータ可視化のための、マップ、ログ(柱状図)、クロスセクション(断面図)、フェンスダイアグラム、ソリッドモデル、ボリューム計算など、さまざまなツールが装備されています。

また、地表および地表下のデータを分析するためのオプションも多数装備され、層序学、岩石学、ダウンホール地球化学 / 地球物理学 / 地質工学的測定、色間隔、断裂、帯水層データなど、さまざまなデータタイプが使用可能です。


RockWorks Graphic output を 2D および 3D 表示/編集ウィンドウで表示し、CAD や Google Earth、さまざまな GIS プログラムにエクスポートできます。 ReportWorks モジュールを使用して、レポートやポスターのページレイアウトを作成します。

 

RockWorks の機能レベル

RockWorks 2020 には 3 つの機能レベルがあります。機能の詳細は 製品概要 をご参照ください。

  • Basic
    Utility プログラム、Borehole Manager のマップ機能、ログとログセクションが使用できます。
    Playlist は 5 アイテム、Fault は 3 つまで取り扱うことができます。

  • Standard
    Basic に含まれるすべてのツールに加えて、Borehole Manager のモデリング機能(岩相、層序、地球物理学/地球化学/地質工学、帯水層、色、断裂)が使用できます。
    Playlist は 5 アイテム、Fault は 3 つまで取り扱うことができます。

  • Advanced
    Standard に含まれるすべてのツールに加えて、SQL-Server データベースのサポート、プログラムの自動化(スクリプト)、Borehole Manager の石油生産図が使用できます。Playlist、Fault の取り扱い数は無制限です。

 

RockWorks の活用分野

  • 地質工学
    地質工学および土木エンジニア向けの建築の評価や土地を掘削する際に役立つグラフィカルな分析ツールを提供します。坑井ログと断面図、何十もの異なるタイプのマップ、構造図、地質/地質工学/破壊/カラーモデル、ボリュームレポートなどを作成します。 プロジェクトの初期、中期、終了のあらゆる段階で、使用者およびクライアント双方の時間と経費を削減します。


  • 環境
    坑井ログ、断面図、濃度マップ、プルームモデル、地質モデル、時間ベースのアニメーション、地球化学図などのツールで、サイトの特性評価から回復の立案と実施に至るまで環境専門家を支援します。


  • 鉱業
    プロジェクトの探索段階と生産段階の両方で、RockWorks のポイントと等高線図、2D /3D ログ表示、投影セクション、ブロックモデルの補間と編集、詳細な土量計算、インポート/エクスポートツールが役立ちます。


  • 石油/ガス
    坑井スポッティング、マップ(バブル、構造、アイソパッチ、ランドグリッド、ログマップ)、断面、層序モデリング、貯留層モデリングなど、石油地質学者の業務に必要なツールを提供します。