HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > RockWorks (ロックワークス) > 製品概要
新規購入お見積
アップグレードお見積
RockWorks (ロックワークス)
製品概要
製品概要 新しい機能

RockWorks 製品概要


 

  • ログ、ログセクション、ログマップ
    ログを個別に作成したり、複数のログから成るクロスセクションやマップを 2D および 3D 形式で作成できます。ログのコラムは、デザインウィンドウを使用してインタラクティブに配置することができます。RockWorks では坑井を垂直型および彎曲型の両方で表示できます。

  • クロスセクション
    岩相、層序、定量データ、断裂(割れ目)、帯水層を補間して、単一または複数パネルから成る 2D 断面図を作成できます。断面図には、ログデータのソース、境界線、タイトル、凡例を含めることも可能です。

  • フェンスダイアグラム
    岩相、層序、定量データ、断裂(割れ目)、帯水層を補間して、3D クロスセクションまたはフェンスダイアグラムを作成できます。ログデータのソース、境界線、タイトル、凡例を含めることも可能です。

  • ボリューメトリクスとピットの最適化
    RockWorks のボリューム計算では、詳細なレポートはもちろん、その内容をインタラクティブに表示できます。

  • マップ
    RockWorks を使えば、ポイントマップ、等高線図、等層厚線、3D サーフェス、ランドグリッド、およびサーベイマップを作成できます。

  • 3D ソリッドモデル
    RockWorks を使えば、坑井の(地球化学、地球物理学、地質工学的な)定量的データ、岩相の間隔、または断裂(割れ目)を元にして、連続モデルを作成できます。定量データに対しては、豊富なモデリングアルゴリズムを適用できます。岩相と断裂のモデリングではデータ固有のプロセスを使用します。

  • データタイプ
    RcokWorks を使えば、岩相、地層、地球物理学、地球化学、断裂、および水位データを保存し、補間することができます。

  • その他の地質学ツール
    ステレオネット、ローズダイアグラム、パイパーダイアグラム、シュティフダイアグラム、座標変換など様々な機能が装備されています。

  • グラフィック出力
    RockPlot2D、RockPlot3D OpenGL ビュアー、ReportWorks

  • インポートとエクスポート
    RockWorks では、データ、グラフィクス、グリッドモデルおよびソリッドモデルのインポートとエクスポートに関する豊富なオプションが用意されています。

  • RockWorks バージョン一覧
    RockWorks プログラムに追加された新機能情報の一覧です。

  • RockWare コマンド言語
    RockWorks に含まれる殆ど全てのアプリケーションは、ASCII テキストファイル内に特別なコマンドを設定することで RockWorks メニューを表示させずにアクセスできます。また、RCL スクリプトを使ったアプリケーションの実行に加え、RockWorks サブメニューを表示させることもできます。