新規購入お見積

Tecplot 360 2020 の新しい機能

過去のバージョンの履歴

2020 R2 で追加された機能

Tecplot Chorus

Chorus が 4k モニターと新しいオペレーティングシステム対応になって復活しました。


変数計算の速度向上

Analyze>Calculate Variables メニューで計算された変数がマルチスレッド化され、変数計算が最大で 6 倍速くなりました。


CGNS 4 ファイルのサポート

CGNS ローダーが CGNS 4.1.2 に対して構築されるようになりました。 CGNS 4 には、多面体データのより高速な並列書き込みを可能にする機能が追加されました。 最高のパフォーマンスを得るには、ADF でバックアップされたファイルではなく、HDF5 でバックアップされたファイルを使用してください。


Exodus II ファイルのサポート

Tecplot 360 は、Exodus II ファイル形式の新しいデータローダーを提供します。


ゾーンを異なる接続領域に分割する機能

PyTecplot および Tecplot 360 マクロ言語に新しい機能が追加され、1 つ以上の有限要素ゾーンの分離領域から新しいゾーンを作成します。

 PyTecplot: tecplot.data.extract.extract_connected_regions()
 Macro: $!ExtractConnectedRegions

名前による参照変数

変数をマクロ、レイアウト、スタイルシートの名前で保存し、データのロードおよび既存スタイルの保持の際に名前を使用できるようになりました。 この機能は、tecplot.cfg ファイルでオンにする必要があります。

 $!Compatibility UseNamesForVariableAssignments = YES

“YES” に設定すると、変数参照を番号ではなく名前で保存するように Tecplot 360 に指示します。 重複する変数名または変数エイリアスがある場合はその名前に一致する最初の変数を選択しますのでご注意ください。


プラットフォームサポートの変更

  • リリース 1.3.1 以降、PyTecplot は Python 2.7 のサポートを終了しました。 PyTecplot スクリプトは引き続き機能しますが、Python 2.7 のインストール、使用のサポート、Python 2.7 との互換性はありません。

  • CentOS 8.0 および macOS Big Sur (macOS 11) がサポートプラットフォームとして追加されました。

 

2020 R1 で追加された機能

等間隔のベクトル

等間隔のベクトル機能を使用することで、流れの理解を深めることができます。 この機能には、Plot>Vector Details… または Plot Sidebar のアイコンからアクセスできます。 ベクトル間隔も 2D プロットおよび 3D プロットで機能し、すべてのオブジェクト(ゾーン、スライス、等値面)で機能します。


滑りなしサーフェスのストリームトレース

Tecplot 360 は滑りなしサーフェス(ゼロ速度のサーフェス)を自動検出し、隣接するボリュームの速度を使用して、サーフェスに制限されたストリームトレースを描画します。 K=1 平面で表されるサーフェスの構造化データでも機能します。


バッチモードの画像エクスポートの高速化

バッチモードの Linux は、ハードウェアアクセラレーショングラフィックスを利用できるようになり、画像のエクスポート速度が最大 4.6 倍、ソフトウェアレンダリング速度も最大 2.3 倍になりました。


ブランクゾーンの抽出

Data>Extract>Blanked Zones… から、値ブランキング設定に基づいて新しいゾーンを作成します。 この機能は、新しい PyTecplot API: tecplot.data.extract.extract_blanked_zones() を介して自動化することもできます。


PyTecplot 1.3

PyPi で利用可能になりました。変更ログは https://pypi.org/project/pytecplot/ でご確認ください。


グラフィックカードの要件

Qt 5 ツールキットには、フレームバッファーオブジェクト (FBO) をサポートするグラフィックスカードが必要です。 最近のほとんどのグラフィックカードはこれをサポートしています。 ただし、古いマシンと一部のリモートディスプレイ構成は、FBO をサポートしていない場合があります。 レンダリングの問題が発生した場合は、 User’s Manual の Rendering and Export Troubleshooting を参照してください。

 

※ 詳細につきましては、Tecplot 360 Release Notes をご覧ください。