HOME > ソフトウェアパッケージ > 質的データ解析/その他 > Analytica (アナリティカ) > 導入事例
新規購入お見積
Analytica
導入事例

導入事例/ケーススタディ

ケーススタディ

 

リスク解析・不確実性解析

市の所有する水の量は?
カルフォルニアのワインの名産地であるナパ・バレーに位置する小さな自治体にとって、水の問題は、住宅の増加や商業の発達、その他、交通の発達や St. Helena という小さな町の評判を守ることをサポートしてきた人々の間で続いてきた地域社会の議論の中心でした。
温室効果ガスにとって牛は車より有害?
地球温暖化の原因に関する殆どの議論は、石炭、ガス、石油―最大の犯人である化石燃料―の燃焼による二酸化炭素 CO2 に焦点をしぼられています。しかし驚いたことに、2番目の原因は、牛、羊、その他の家畜によるメタンなのです。
ホーチミンでの洪水のリスク管理
ホーチミン (以前のサイゴン) は、2013年10月に洪水によって広範囲にわたるダメージを受けました。この都市は新しい洪水の抑制策を強化していますが、インフラは気候変動と低地での都市発達により、より深刻なリスクを処理することができないかもしれません。
論議から合意へ: カルフォルニアの海上石油プラットフォームの廃止
多くの環境問題は、激しい市民論争を引き起こします。カルフォルニアの 27の海上石油プラットフォームの閉鎖方法の問題は、その典型例として出発しました。しかし意外なことに、慎重な分析の後、ひとつの選択肢である「rigs to reefs (油田の切削装置を岩礁に)」は、石油会社や環境問題専門家を含むほとんどの関係者からの支持を得ました。
電力負荷をオフピークにシフトして節約
蓄電池や熱冷却といったエネルギー貯蔵技術は、電力負荷をオフピーク時間にシフトします。これによって、発電コストと費用のかかる新たなピーク用発電所の必要性が削減されます。カリフォルニア州エネルギー委員会 (CEC) は E3 Consulting社に、消費者と電力会社にとってのこれらの負荷シフト技術の費用対効果を、カリフォルニア州の大規模な電力会社や他のステークホルダーが評価できるようにするオープンソースモデルを構築するよう依頼しました。
Bechtel SAIC と ユッカマウンテン・プロジェクト
ユッカマウンテンは、ネバダ州ラスベガスの北西約 100マイルに位置し、使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物の長期的な地層処分場の予定地です。現在、米国国内 131ヶ所で貯蔵されている使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物は、原子力発電および国防計画の結果です。
重要度分析を使ったグリーンビルディング設計
スタンフォード大学の統合設備エンジニアリングセンターでは、多領域設計と分析プロセスがどのように建物の性能を向上させ、環境フットプリントを削減するのかを調査しています。