HOME > ソフトウェアパッケージ > 数式処理/開発環境/ライブラリ > Mathematica (マセマティカ) > CDF (計算可能ドキュメント形式)

ヒューリンクス主催
Mathematica セミナー

このマークをお確かめください
Wolfram 正規販売代理店は、販売代理店の中でも特に広範な知識を持ち経験豊富な販売代理店のみが、審査のうえで認定されます。
Wolfram Certified Sales Partner 2018
新規購入お見積
アップグレードお見積

Mathematica Journal セレクション
厳選記事を日本語でご紹介
Mathematica (マセマティカ)
CDF (計算可能ドキュメント形式)

CDF (計算可能ドキュメント形式)

CDF (Computable Document Format) はオーサリングが簡単なインタラクティブ機能を中核とし、読者がコンテンツを動かしたり結果をライブで生成したりすることが可能にします。

Wolfram グループが発表した CDF 標準は、計算パワーをエンジンとする知識のコンテナです。CDF は通常のドキュメントのように簡単に使え、アプリケーションのようにインタラクティブです。

CDF を使うことで、考えの伝達ルートがずっと拡大するため、研究、教育、技術開発等のさまざまなシーンでのスピードアップが可能になります。

  • CDF Player with FreeCDF
    最も簡素な Mathematica ファイルのビューワです。Mathematica で作成されたインタラクティブなWeb ドキュメントのブラウザ内での操作と、同じく Mathematica で作成された例題、レポート、ファイルの閲覧が可能です。

  • CDF Player Pro
    Wolfram CDF Player Pro は、無料の CDF Player を拡張したものであり、データのインポート、テキスト入力、その他の機能が必要なアプリケーション配備に有効です。単一システム上でのマルチコア機能も完全にサポートします。

  • CDF Player with EnterpriseCDF
    Enterprise CDF は、Mathematica Enterprise をお使いの方が利用できます。無料の CDF Player を拡張したものであり、データのインポート、テキスト入力、その他の機能が必要なアプリケーション配備に有効です。

CDF Player,CDF Player Pro,Mathematica の機能の比較

  CDF Player
with
FreeCDF
CDF Player
with
EnterpriseCDF
CDF Player
Pro
Mathematica
ユーザビリティ全般        
Webプラグイン
CDFを開き,操作する
ノートブック(.nb)ファイルを開き,読み込む
ノートブック(.nb)ファイルの中のコンテンツとインタラクト    
新規ドキュメントやアプリケーションの作成      
マルチコア機能    
ドキュメントと表示        
スライドショーモード
生成済みのアニメーションの再生
グループ化されたセルの開閉
ファイルの生成      
ダイアログの起動
スタイルシートの変更  
インターフェースの状態の保存  
ファイルの印刷
インタラクティビティ        
スライダー,ポップアップメニュー,ラジオボタン,ロケータ,チェックボックスとインタラクト
グラフィックスを回転
入力セルの評価  
入力セルの編集      
Manipulateによるもの以外の動的機能
スライダーの数値の表示
ソースコードの暗号化オプション  
入力/出力        
キーボードで数値フィールドに入力
キーボードでテキストフィールドに入力  
Wolframの精選データソースへのアクセス
URLからのデータのインポート
すべての形式のライブデータのインポート  
すべての形式のライブデータ・ファイルのエキスポート  
電子メールの送信  
ファイルとディレクトリの管理  
ファイルの保存  
動的ドキュメントの生成  
他のプログラムへの接続性        
データベース接続性  
RLink  
MathLink    
J/Link  
.NET/Link    
サポートされるプラットフォーム        
Windows 8,7,Vista
Mac OS X 10.6+ (Intel)
Linux

 

関連情報:


CDF に関するお問い合わせは弊社営業部(soft.sales@hulinks.co.jp)までお願い致します。