HOME > ソフトウェアパッケージ > 結晶 > SingleCrystal (シングルクリスタル) > 製品概要
新規購入お見積
アップグレードお見積
SingleCrystal (シングルクリスタル)
製品概要

SingleCrystal 製品概要

  1. インタラクティブな回折シミュレーション
  2. 測定と探索
  3. リアルタイムなマルチタッチコントロール
  4. シミュレーションと測定値を比較
  5. ステレオ投影図
  6. データとグラフィックスのエクスポート

 

インタラクティブな回折シミュレーション

SingleCrystal は、Laue (ラウエ) 、Precession、透過電子回折といった重要な回折技術のシミュレーションを、サンプルと制御パラメーターでコントロールして提供します。逆格子セクションもレイヤーの高さをコントロールして可視化できます。SingleCrystal 3 はマルチコアアーキテクチャで、タンパク質のような塊状構造のシミュレーション時間が飛躍的に速くなっています。強度計算の完了後、マウスやトラックパッドのマルチタッチ操作を使って回折パターンをリアルタイムで回転することができます。最新の iMac および MacBook/Pro の高解像度Retinaグラフィックスに対応しています。

 

測定と探索

反射をラベル付けし、システマティックな欠如を示し、回折スポット間の距離と角度を測定します。強度、波長、位相角でパターンをカラーでコード付けできます。回折と構造データを画面上で確認し、ソートできます。格子パラメータとサイト占有率を編集し、回折計算からサイトを選んで排除できます。

酸化リチウムの電子線回折をシミュレートした SingleCrystal 3 のインターフェース。定規が重ね合わせられ、右側に対称面のステレオ投影図が表示されます。

 

リアルタイムなマルチタッチコントロール

Mac のマルチタッチ操作、マウスでクリックアンドドラッグ、ツールバーのtilt (傾き) コントロールをクリック、またはキーボードを使って、リアルタイムに (仮想) 結晶を回転できます。正確な傾斜が入力されない場合、ビューの方向を垂直な平面または格子ベクトルとして定義できます。他のコントロールを使って、スケール (カメラ定数) 、飽和状態、試料厚さ、波長、他のパラメーターを変更できます。

 

シミュレーションと測定値を比較

SingleCrystal は仮想ライトボックスとして使用できます。回折画像をウィンドウにドラッグアンドドロップするだけで、ズームして細部を確認し、画像を移動/回転できます。透明な定規 (Ruler) 、分度器 (Protractor) 、グリッド (Grid) オーバーレイを使って回折を測定し、結果をクリップボードにコピーします。シミュレートしたパターンを観測したパターンに重ね合わせて、直接比較することができます。Gridツールを使うと簡単に自動指標付けができます。グリッドポイントを観測パターン (TEM または Precession画像) 上に設置すると、SingleCrystal が最適な位相を計算し、回折スポットを指標付けします。

Gridオーバーレイ機能で、観測した回折イメージを自動指標付け

 

ステレオ投影図

回折ウィンドウの右側に表示されるライブのステレオ投影図 (ステレオグラム) を利用して、回折空間をナビゲートできます。ステレオグラムは、プロットされる垂直な平面または格子ベクトル (zone axes) の角度位置を極点 (pole) および任意の大円 (great circle) のトレースとして表示し、完全カスタマイズ可能です。SingleCrystal は対称の極点とトレースも表示できます。

(左) 三斜晶系結晶の立体投影図:ステレオネットに重ね合わせた[001]ゾーンの面100と010。(右) 立方晶系結晶の投影図:SingleCrystal で自動的に追加された対称面とそのトレース。

 

データとグラフィックスのエクスポート

SingleCrystal 内蔵のセッションファイルに作業を保存し、次に使用するときにすぐに表示できるようにします。回折データリストと Zone Axesファイルをエクスポートし、観測パターンの指標付けに利用できます。回折パターン (背景や測定を含む) を高解像度で印刷可能です。グラフィックスや立体投影図は、ピクセルフォーマットまたはベクトルフォーマットでコピー/エクスポートできます。