HOME > ソフトウェアパッケージ > 結晶 > SingleCrystal (シングルクリスタル) > 製品概要 > 製品仕様
新規購入お見積
アップグレードお見積
SingleCrystal (シングルクリスタル)
製品概要 (製品仕様)

製品仕様

 

ファイル入力

SingleCrystal はドラッグアンドドロップでデータファイルを読み込み可能です。データファイルとは保存した回折実験、結晶構造ファイル、観測した回折画像が該当します。

インポート可能な結晶構造データのフォーマット:

  • CMDX (CrystalMaker X ドキュメント)
  • CMDF (CrystalMaker 7-9 ドキュメント)
  • CMD5 (CrystalMaker 5-6 ドキュメント)
  • CMTX (CrystalMaker テキストフォーマット)
  • CIF

画像ファイルとして保存した観測した回折データをインポート可能な静止画像フォーマット:

  • JPEG, GIF, TIFF, PNG, PDF, PSD (Mac), PICT (Mac)

結晶構造データ、シミュレートした回折パターン、観測した回折画像といった保存した回折セッションファイルを読み込みます。

  • SCDF

 

回折シミュレーション

SingleCrystal では、X線、中性子、電子を使って、単結晶から回折パターンをシミュレートできます。強度は公開された原子散乱因子 / 中性子散乱長を使って計算され、ASFデータファイルで閲覧および編集できます。

この計算には、サイト占有率と原子転位パラメータも使用されます。

回折モード:

  • 逆格子セクション (上層を含む)
  • 重み付け逆格子セクション
  • ゼロ層&上層の歳差運動 (Precession) パターン
  • ラウエのフロントプレート、バックプレート&シリンダーパターン
  • 透過型電子顕微鏡 (TEM) 回折パターン

シミュレーション制御:

  • 波長 (ラウエパターンの波長範囲) / 顕微鏡の電圧 (TEMパターン)
  • 偏向放射補正 (ラウエパターン)
  • 結晶厚 (TEMパターン)
  • ビーム集中角 (TEMパターン)
  • 反射スポットサイズ
  • 強度飽和
  • 反射の最小の格子面間隔 (d-spacing)
  • 反射の最大数
  • ガンマ修正 (強度グレースケールマッピング機能)

 

ディスプレイ

観測パターンおよびシミュレーションパターンの表示のカスタマイズ:

  • Retinaグラフィックス (Mac)
  • 消滅則の表示/非表示:格子、空間群、他
  • 反射レベル (hkl値) の表示/非表示:最小強度しきいを使用
  • 強度、波長、位相角を色分けして表示
  • 反射、ラベル、選択および背景の色
  • 背景画 (観測した回折画像等)
  • 背景画の反転映像
  • 背景画の不透明度のコントロール

 

操作と測定

SingleCrystal はリアルタイム制御でシミュレート/観測回析パターンを操作します。

  • 回転 (リアルタイムマルチタッチ、マウス、キーボード制御; 表示方向ダイアログ)
  • スケーリング (リアルタイムマルチタッチ、マウス、ツールバー、ダイアログ)
  • 移動 (xyオフセット)
  • 格子レイヤー制御 (例:逆格子セクション)

 

SingleCrystal は豊富なツールで観測&シミュレートパターンを測定します。

  • クリックした反射のミラー指数、強度、構造因子
  • クリックした 2つの反射間の距離
  • クリックした 3つの反射間の角度
  • 任意距離、Rulerオーバーレイを使用
  • 任意角、Protractorオーバーレイをを使用
  • グリッド寸法と角度、Gridオーバーレイを使用
  • 読み込んだ回折画像およびシミュレーションの自動指標付け、Gridオーバーレイを使用
  • Marker Tool を使った自動指標付け (ラウエパターンの実験的確証を使用)
  • 表示方向計算

 

データ出力

データエクスポート可能なテキストファイル (3種) :

  • 回折データファイル
  • 反射リストファイル
  • 晶帯軸ファイル

回折データ (Diffraction Data) ファイルには結晶構造データのサマリと、hkl値、d-spacing、d-spacing の逆数、構造因子の実部と虚部、構造因子のモジュール、位相角、強度を含む回折データの総合リストが含まれています。データは d-spacing、強度、hkl値でソートできます。

反射リスト (Reflexions Listing) ファイルは回折データの表です (回折データファイルの場合) 。画面上でのプレビュー、列の見出しでのソート、テキストファイルへの保存が可能です。

晶帯軸 (Zone Axes) ファイルは晶帯軸と逆格子ベクトルの総合リストで、観測回折パターンの指標付け用に設計されています。晶帯軸ごとに、SingleCrystal は最短の逆格子ベクトルを 3つリストします。リストされたベクトルには d-spacing、d-spacing の逆数 (d*値) 、3つのベクトル間の角度、ベクトルの d*値の比率が提示されます。

 

グラフィックス出力

SingleCrystal では、ベクターグラフィックス (Mac版では PDF; Windows版では WMF) を使って、回折パターンやステレオ投影をクリックボードにコピーできます。

回折パターンやステレオ投影を、ピクセルフォーマットまたはベクトルフォーマットで、ディスクにエクスポートすることもできます。

  • 高解像度ピクセルグラフィックス:JPEG, GIF, TIFF, PNG, PSD (Mac), PICT (Mac), 等
  • ベクターグラフィックス:PDF (Mac) または WMF (Windows)

 

サポート

SingleCrystal には技術サポートがフル装備されています。プログラムに含まれるオンラインヘルプとイラスト付きユーザーズガイドをはじめとして、登録ユーザーへの技術サポートが提供されます。

  • 操作状況に合わせて変化するヘルプボタンやメニューコマンドを使ったインデックス付の総合オンラインヘルプシステム
  • 検索可能なイラスト付きユーザーズガイド (PDFフォーマット)
  • 登録ユーザー向けの技術サポート