HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > KaleidaGraph
ヒューリンクステクニカルサポート
KaleidaGraph の回帰曲線
カレイダグラフ製品ページ | 掲載 - 05/10/20

定義済み一般回帰曲線の数式 > カテゴリ

KaleidaGraph には、一般回帰曲線とともに使用できる、定義済みの数式が 100 以上用意されています。回帰曲線の定義は、次のカテゴリに分類されています。

  1. 酵素動力学 (Enzyme Kinetics)
  2. 指数減少 (Exponential Decay)
  3. 指数増加 (Exponential Growth)
  4. 指数上昇 (Exponential Rise)
  5. 双曲線 (Hyperbola)
  6. IC50/EC50
  7. 対数 (Logarithmic)
  8. ピーク (Peaks)
  9. 多項式 (Polynomial)
  10. 累乗 (Power)
  11. 有理式 (Rational)
  12. シグモイド (Sigmoidal)
  13. 波形 (Waveforms)
  14. 収穫高の増加/作付け密度 (Yield Growth/Density)
  15. その他の定義 (Miscellaneous Definitions)

これらの定義は、KaleidaGraph では次のフォーマットで用意されています。

  • 回帰曲線の各定義は、Curve Fits フォルダ内にテキストファイルとして保存されています。
  • 各カテゴリの定義は、一般サブメニューに定義を読み込み可能なマクロファイルとして保存されています。
  • 各カテゴリの定義は、ライブラリで使用できるテキストファイルとして保存されています。

 

前のページへ戻る