HOME > ソフトウェアパッケージ > 統計解析/グラフ作成 > SYSTAT (シスタット) > アップグレードをお勧めする理由
新規購入お見積
アップグレードお見積
SYSTAT (シスタット)
アップグレードをお勧めする理由

アップグレードをお勧めする理由

アップグレードをお勧めする理由(バージョン機能比較)

統計 V13 V12 V11
時系列解析における ARCH & GARCH モデル NEW
ベストサブセット回帰による最適な予測変数の判別  NEW
確証的因子分析 (CFE) による統計モデルの妥当性を検討  NEW
基本統計の環境変数 NEW
基本統計
トリム平均のための標準誤差と信頼区間/ウィンザライズド平均とその標準誤差と信頼区間/標本のモード/四分位範囲
NEW
新しいノンパラメトリック
検定順序性のあるデータの違いを検討する Jonckheere‐Terpstra 検定対照群と処置群を検討する Fligner‐Wolfe 検定/以下に示す2つの一対比較検定 <Dwass‐Steel‐Critchlow‐Fligner、Conover‐Inman>
NEW
1つの独立変数につき最大 8 次の多項式回帰が利用可能 NEW
仮説検定の機能強化
多変量データの平均ベクトルについての検定/2標本 z-検定、2標本 t-検定、2分散の検定における入力データオプションの追加
NEW
ブートストラップ分析の機能強化
仮説検定機能にブートストラップベースの p-値が追加/最小二乗回帰でブートストラップを実行する場合の残差を選択可能
NEW
分散分析の機能強化
中央値に基づいて分散の均一性を検定する Levene の検定/解析に必要な要因だけを分類する SUBCAT コマンド
NEW
フィッティング分布の機能強化
モーメント法に比べて良い結果をもたらす最尤法を使用して、分布パラメータを評価(ベータ分布 /カイ二乗分布/アーラン分布/ガンマ分布 /ゴンペルツ分布 /ガンベル分布/ロジスティック分布 /対数ロジスティック分布/負の二項分布 /ワイブル分布/Zipf 分布)
NEW
最小二乗回帰に、パラメータ推定と共に標準誤差と信頼区間を保存する機能追加 NEW
混合モデルの計算速度が著しく向上 NEW
クロス集計の機能追加 (相対危険度/モード/結果の保存) NEW
より複雑な線形モデルの分析 (回帰分析/分散分析/GLM の適用範囲の拡張)
多重線形回帰の適用範囲の拡張
プロセスの設計とパフォーマンスの改良、最適化
データのグルーピングを容易に検出
モンテカルロ法 (マルコフ連鎖モンテカルロ法を含む)
新しい回帰分析法 (ベイズ回帰モデル)
品質分析
確率分布
行統計
仮説検定 (分散/相関/出現率/片側検定)
検出力分析
多変量解析
行列の演算
グラフィックス V13 V12 V11
RGB 値での色指定 NEW
ダイアログボックスによるサーフェス・グラデーションスタイルの色指定 NEW
ドット (サマリー) チャートにおけるドットへのラベルの付加 NEW
組み込み色が 45 色に NEW
要素間の識別がしやすい色指定が可能に (重ね合わせグラフ/円グラフ/積み上げグラフ) NEW
グループ化変数を考慮する積み上げ棒グラフ NEW
プロットに表示されるボーダー表示法の個別指定 NEW
円グラフの複数スライス表示 NEW
数値ケースに基づくラベルを指定 NEW
3D グラフの自動回転機能
GIFF, TIFF, PS, PNG 形式での保存
マウスのドラッグによるズームイン/アウト
インターフェイス V13 V12 V11
メニューボタンの日本語化 NEW
自動非表示スペースボタンでワークスペースとコマンドスペースを非表示に NEW
選択トークの指定 NEW
Data Edit Bar の実装 NEW
データファイルに関するコメントの入力・編集 (File Comments ボタン) NEW
デフォルトのコマンドファイル保存形式の選択 (Unicode 形式、ANSI 形式) NEW
Data Editor へのデータのドラッグ&ドロップ NEW
埋め込み型ツールバー NEW
旧形式のコマンドファイルを直接開いて実行可能 NEW
View Toolbars NEW
Windows XP スタイルのフリッカーフリーグリッド NEW
文字列データにおける前後空白の自動削除指定 NEW
自動補完コマンド NEW
スタートページの改良:
過去使用したデータセット、コマンドスクリプト、出力、および PDF マニュアルに簡単にアクセスが可能
メニューとツールバーのカスタマイズ
誤入力を防ぐファイル名、変数名、コマンドの自動記入機能
データマネージメント V13 V12 V11
大規模なデータセットを扱う場合の解析処理の大幅な高速化 (旧バージョンと比較して最大で約10倍高速) NEW
変数名と文字変数の文字数が最大 256 文字まで利用
データタブと変数タブを使った分析のスピードアップ 
アンドゥ/リドゥが最大 32 ステップまで可能
StatView, Stata, Statistica, JMP, Minitab, S-Plus ファイルフォーマットが使用可能
マニュアル V13 V12 V11
より詳しい11冊のマニュアル (印刷&PDF) :
Getting Started, Statistics I, Statistics II, Statistics III, Statistics IV, Graphics, Data, Language Reference, Monte Calro, Quality Analysis, Exact Tests
NEW