HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > SYSTAT > v13
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
SYSTAT 13 サポート情報 SYSTAT 製品ページ
更新日: 14/05/13

ツールバーの表示や配置をカスタマイズするには?

SYSTAT にはデフォルトのメニュー配置以外にも、医療やマーケティングなど特定分野に特化した機能をまとめたテーマがスタートページにあらかじめ用意されています。これを選択すれば、分野別の環境で作業することもできますが、SYSTAT のカスタマイズ機能を使えば、使う人それぞれの目的や用途にあわせてツールバーの表示や配置を自由にカスタマイズし、オリジナルのテーマとして保存することができます。

  1. ツールバーの空きスペースのどこかを右クリックし、コンテクストメニューから Customize ボタンをクリックします。メニューやツールバーなどをカスタマイズすることができます。


  2. Customize ダイアログボックスがあらわれます。


  3. この状態で、変更したいツールバーのボタンを通常の操作で選択します。
    一例として Analyze メニューの Hypothesis Testing ボタンを選択してみましょう。


  4. ボタンが点線で囲まれたら、右クリックして Button Appearance... を選択します。


  5. Button Appearance ダイアログボックスがあらわれます。


  6. ここではボタンとして表示されるテキストの内容を変更できます。Button text: の内容を「仮説検定(&H)」に変更してみましょう。


  7. OK をクリックすると変更した内容が反映されます。


  8. メニューボタンの位置を変更するには、移動したい位置にドラッグするだけです。


  9. Close ボタンをクリックすると設定が完了します。


  10. 以上で、Hypothesis Testing と表示されていたボタンを「仮説検定」ボタンとして Analyze メニューの上位に配置することができました。
    よく使うメニューボタンを日本語にカスタマイズした例

テーマの保存

ツールバーのカスタマイズが完了したら、これをオリジナルのテーマとして保存しましょう。

  1. Utilities メニューの Themes > Save Current Theme を選択してください。


  2. ファイル名をたとえば MyMenu として保存しましょう。SYSTAT の テーマファイル形式 *.systheme ファイルとして保存されます。


  3. 保存されたテーマはスタートページにリストアップされます。Default テーマを選択すればいつでも元の状態に戻すことができます。

日本語メニュー用テーマ

Default_Japanese_thmfiles.zip (36.4KB)

※日本語になるのは、メニューボタンのみとなります。

 

前のページにもどる