新規購入お見積
アップグレードお見積
製品概要 新しい機能

 

グラフ作成機能

SigmaPlot ユーザーインターフェースには、Microsoft Office リボン型コントロールが装備されています。ワークシートやグラフのインターフェースは、タブ型のウィンドウになっていますので、作業に合わせて並び替えて使うことができます。さらに、これらのタブは、タブグループとして、上下左右の方向に並べて表示させることもできます。

あらかじめ用意されたテンプレートを使用して、1 ページに複数のグラフを正確に配置することができます。また、WYSIWYG ページレイアウトとズーム機能を利用して、独自のページレイアウトを構成することもできます。1 つのグラフに複数の軸を作成したり、1 ページに複数のグラフを作成したり、あるいは、1 つのワークシートに複数のページを作成することで、データの比較や対比が可能になります。

  • グラフツールバー
    作成したいグラフタイプをグラフツールバーのアイコンから選択します。すでに表示されているグラフに曲線を追加したい場合もこれを利用できます。

  • グラフウィザード
    インタラクティブなグラフウィザードがグラフ作成のあらゆる段階を通じてナビゲートします。

  • グラフスタイルギャラリー
    グラフの全プロパティをひとつのスタイルとして保存し、ギャラリーにビットマップ画像が追加されます。グラフスタイルギャラリーから画像を選択すると、既存のグラフテンプレートを使用して素早くデータをプロットできます。

  • テンプレート
    グラフページをカスタマイズしてテンプレートとして保存し、お好みのグラフページをいつでも使用することができます。

  • 新規グラフの初期設定
    グラフオプションの選択肢を指定することで、お気に入りのグラフをより簡単に作成することができます。

2D グラフタイプ

  • 散布図
  • 折れ線
  • ステップ
  • 散布図と折れ線の組み合わせ

  • (縦横、グループ/縦横、積み上げ/縦横)
  • 極座標
  • レーダー
  • 三角
  • 箱ひげ
  • カーネル密度
  • バブル
  • ベクトルプロット
  • フォレストプロット
  • 等高線図
  • ヒストグラム
  • 時系列
  • 管理図 (Control Charts)
  • ニードル
  • 高-低-終値(ローソク足:High-low-close)、範囲(Range)、四分位(Quartile)
  • 四分円 (Quadrant)
  • 人口
  • ドット密度

3D グラフタイプ

  • 等高線図
  • 散布図
  • 折れ線
  • ウォーターフォール
  • メッシュ
  • 交差する複数プロットの陰線処理、平滑または離散的な陰影処理、透明または不透明の塗り潰し、光源にもとづく陰影処理
  • 3D 回転
  • 俯瞰図

軸スケール

  • 線形 [Linear]
  • 常用対数 [ Log10]
  • 自然対数 [Natural log]
  • プロビット [Probit]
  • ロジット [Logit]
  • 確率 [Probability]
  • 反転 [Reverse]
  • 三成分パーセンテージ [Ternary percentage]
  • 三成分単項 [Ternary unary]
  • 極軸 [Polar]
  • カテゴリ(テキストデータを自動的にグループ分け)
  • 日付と時刻 [ Time and date]
  • ワイブル [Weibull]
  • 逆数 [Reciprocal]
  • ユーザー定義のカスタム軸。極値、ヒンジ、ビット誤り率など殆んどのスケールを作成可能

軸機能

  • 軸の表示/非表示、太さ、色、範囲、軸の中断を制御可能
  • 軸のオフセット
  • タイトルの自動挿入
  • 複数軸:Axis Wizard で複数の軸を容易に作成可能
  • 目盛:主目盛と副目盛の間隔のカスタマイズ、内側/外側の向き、上限と下限の配置、長さ、太さ、色、列内の目盛を選択しカスタム軸を作成可能
  • ラベル:接頭文字、接尾文字、数値、日付と時刻をカスタマイズ可能
  • 軸の中断:シンボル、太さ、色、長さ、中断間隔、中断後の間隔をカスタマイズ可能

エラーバー

  • 平均値、中央値、最初の値、最後の値をシンボルの値に使用可能
  • 標準偏差、標準誤差
  • 10、25、75、90 パーセンタイル
  • 最小値と最大値
  • 95% または 99% 信頼区間
  • 反復測定された行列データからエラーバーを生成可能
  • エラーバーの上下の値をユーザー定義可能
  • 片側、両側、非対称のエラーバー
  • パーセンタイルの手法:nearest integer (graphical) または value dependent (numerical) アルゴリズムのいずれかを選択可能

グリッドと塗りつぶし

  • カラー、ラインタイプ、太さ、X Y Z 方向の主グリッドと副グリッドの表示の制御
  • パターンと境界線のカラー、パターンスタイル、パターン密度、境界線の太さの制御

シンボル

  • 100 種類以上のシンボルタイプ
  • 半分塗りつぶしと BMW スタイルを含む 30 種類のシンボルタイプ
  • テキストをシンボルとして利用する際のフォントの編集
  • グラフプロパティダイアログ、ツールバー、凡例ページ、シンボルダイアログボックスから直接シンボルにアクセス可能。
  • ダッシュおよびギャップパターン等のラインタイプの追加
  • ラインカラーとは独立して設定できる棒グラフや面積プロットのための塗りつぶしパターンの追加

基準線 [Reference Lines]

  • 平均、標準偏差、標準誤差、ユーザー指定の定数、95% および 99% 信頼区間を制御可能
  • 水平線または垂直線を最大 5 つまで使用可能
  • 色、線種、太さを制御可能
  • X、Y、Z 方向のいずれかまたはすべてを表示

関数プロット [Function Plotter]

  • 2D および 3D 関数のプロット
  • 2D および 3D プロット用に用意された 100 種類以上の数式。グラフィカルな説明付き
  • ユーザー定義のパラメータ、スケール、範囲
  • SigmaPlot の関数ライブラリのカスタマイズまたは独自関数の作成
  • 新規または既存グラフへの関数のプロット
  • 複数の異なるパラメータ値の同時プロット
  • 関数毎のライン・プロパティの選択
  • 数式ソルバー [Equation Solver]: 単一の独立変数と任意数のパラメータを含む方程式や関数の求解

トランスフォームを使用して作成するグラフ

  • ガウス累積分布 [Gaussian cumulative distribution]
  • 領域: 曲線下および曲線間の陰影処理 [Area – shading under and between curves]
  • Z 立面図 [Z plane design]
  • カプラン・マイヤー生存曲線 [ Kaplan-Meier survival]
  • 頻度 [ Frequency]
  • 複合管理図 [ Complex Control charts]
  • ユーザー定義軸

複数行テキストエディタ

  • フォント、サイズ、スタイル、カラー、ギリシア語、複数水準の上付き・下付き文字、360 度回転、左右と中央の行揃え、行間隔の制御

凡例 [Legends]

  • 自動作成またはマニュアル作成
  • 回帰、信頼区間、予測区間の凡例
  • ラインとシンボルの表示と非表示
  • ラインとシンボルをテキストの前後いずれかに配置
  • 凡例項目の順序の反転
  • 凡例項目のリスト内移動
  • ダイレクトラベリング:凡例項目をプロットの隣に配置

グラフのエクスポートオプション

  • 個々のグラフ、グラフとオブジェクトの集合、ページ全体を対象にエクスポート
  • 解像度と色深度のレベルを選択:PDF、EPS、TIFF、JPEG、EMF、BMP
  • トゥルーカラー EPS ベクトルと CMYK EPS エクスポート
  • 圧縮 CMYK TIFF
  • ベクトル形式:PDF, SVG, SWF
  • 出版支援:適切な DPI の選択、画像サイズ、ファイル形式など複雑な手続きをサポート

ウェブページ形式の公開

  • 高解像度のウェブオブジェクトとしてグラフをエクスポート可能
  • WebViewer:
    グラフまたはプリント作成に使用されたデータを閲覧するためのブラウザ用無償プラグイン。グラフ上で解像度を落とさずパンやズームが可能。
    WebViewer は、IE 4.01 以上をサポート。その他のブラウザや OS 環境では、スクリーン解像度の JPEG ファイルが自動的に表示されます。

グラフのカスタマイズ

  • 軸を中断
  • 標準または非対称のエラーバーとシンボルを追加
  • カラー、フォント、ラインの太さを変更
  • Graph Properties ダイアログボックス:グラフ要素をカスタマイズ
  • 作成したグラフやチャート、ダイアグラムに方程式、シンボル、マップ、写真、イラストを貼り付け
  • 作成したプレゼンテーションにその他の画像を貼り付け
  • アンチエイリアス機能:ギザギザの無いスムーズなラインを表示

統計解析

SigmaPlot には SigmaStat がバンドルされています。統計機能は、統計の専門家でなくても使えるように設計されています。分析のすべての段階をウィザードが案内してくれますので、統計学の専門家でなくてもパワフルな統計解析機能を実行することができます。いずれの統計解析にも何らかの仮説があり、データセットごとにそれを満足させる必要があります。もし、設定した仮説が条件を満たすものでなければ、知らず知らずに不正確または不適切な結果が導き出されてしまいます。しかし、SigmaPlot では、使用するデータセットが検定条件を満たしているかどうかが必ずチェックされ、もし条件を満たしていなければ、それにふさわしい検定が提示されます。

1 群の記述統計

  • 1 標本の t 検定 (One Sample t-test)
  • 1 標本の符号付き順位検定 (One Sample Signed Rank test)

2 群の比較

  • t 検定 (t-test)
  • 順位和検定 (Ranked Sum Test)

多群の比較

  • 1 元配置分散分析 (One Way ANOVA)
  • 2 元配置分散分析 (Two Way ANOVA)
  • 3 元配置分散分析 (Three Way ANOVA)
  • 順位に関する分散分析 (ANOVA on Ranks)
  • 1 元配置共分散分析 (One Way ANCOVA)

事前と事後

  • 対応のある t 検定 (Paired t-test)
  • 符号付き順位検定 (Signed Rank Test)

反復測定

  • 1 元配置反復測定分散分析 (One Way Repeated Measures ANOVA)
  • 2 元配置反復測定分散分析 (Two Way Repeated Measures ANOVA)
  • 順位に関する反復測定分散分析 (Repeated Measures ANOVA on Ranks)

比率と割合

  • z 検定 (z-test)
  • カイ二乗 (Chi-Square)
  • フィッシャーの直接確率検定 (Fisher Exact Test)
  • マクニマーの検定 (McNemars’s Test)
  • 相対リスク (Relative Risk)
  • オッズ比 (Odds Ratio)

回帰分析

  • 線形 (Linear)
  • 多重ロジスティック (Multiple Logistic)
  • 多重線形 (Multiple Linear)
  • 多項式 (Polynomial)
  • ステップワイズ (Stepwise)
  • ベストサブセット (Best Subsets)
  • 回帰ウィザード (Regression Wizard)
  • デミング (Deming)

主成分分析

相関

  • ピアソンの積率 (Pearson Product Moment)
  • スピアマンの順位 (Spearman Rank Order)

生存分析

  • カプラン・マイヤー (Kaplan-Meier)
  • コックス回帰 (Cox Regresssion)

正規性 (Normality)


カーブフィッティング/回帰分析

カーブフィッティングとは、一連のデータポイントと一致するような曲線を探し出すことです。可能な場合は、その他の制約条件も求めます。実験データの状態や性質を適切にあらわす曲線を視覚化/プロットする手段として、科学者やエンジニアに最も多く利用されている手法です。

  • 回帰プロシージャ
    独立変数と従属変数の関連性を見つけ出し、直線や曲線および平面 (3D) をグラフとして描画します。

  • 独立変数
    既知の変数もしくは予測変数 (predictor)です。独立変数は一般に x 軸の値をとります。従属変数は応答変数 (response variables) とも呼ばれ、一般に y 軸の値をとります。

  • 回帰分析
    ひとつ以上の独立変数の値を使用して実際のデータの最も近くを通過する、すなわちフィットする式を見つけ出し、従属変数の値を予測します。得られた式は、オリジナルデータ上にプロットされ、実験データにフィットする曲線を描きます。

非線形カーブフィッティングは反復プロセスです。反復プロセスの収束から最適解が求められます。非線形カーブフィッティングでは、まず、パラメータに適当な値を用いて回帰式がどの程度うまく当てはまっているかをチェックします。その後、残差平方和に大きな減少がみられなくなるところまで、推定値が最適になるようプロセスを繰り返します。


回帰ウィザード (Regression Wizard) :簡単で正確なデータのフィッティング

線形回帰や、パラメータが 2 つの単純な指数関数によるフィッティングなど比較的容易な問題の場合は、回帰ウィザード (Regression Wizard) を使用します。回帰ウィザードが自動的にパラメータの初期値を決定し、統計レポートを記述します。数式は SigmaPlot ノートブックに保存され、フィッティングの結果は既にグラフがあればそこに挿入され、なければ新規に作成されます。回帰ウィザードは、一部の例外を除きあらゆる数式(区分的に連続な関数、多汎関数、重み付け、ブール関数など最大 10 変数、25 パラメータ)で正確にフィットします。回帰ウィザードには、独自に作成したパワフルなカーブフィットを追加することもできます。


ダイナミックカーブフィッティング (Dynamic Fit Wizard):当てはめの有効性の確認

3 つ以上のパラメータをもつようなカーブフィッティング、あるいは、データポイントに多数のばらつきがあるような比較的難しいカーブフィッティング問題の場合は、ダイナミックカーブフィッティング (Dynamic Fit Wizard) を使用して最適解を求めます。ダイナミックカーブフィッティングでは、最適解に収束させる初期パラメータ値の検索が自動的に行われます。お持ちの方程式と最適に異なる初期値からなる開始データを使って、200 以上のカーブフィットを実行させることができます。あてはめの結果は適合度 (goodness of fit) に従ってランク付けされます。一番にランク付けされた結果を回帰ウィザードで得られた結果に対してチェックします。使用する方程式が単純なもので、データポイントに充分大きなデータセットを使って当てはめを行うのであれば、多くの場合、ダイナミックカーブフィッティングで見つかる結果は回帰ウィザードの結果と同じです。しかし、回帰ウィザードで見つかった解が最良のものであるか否かが単純には判断できない場合が問題となり、これによって、正しい解が見つかっていないのではないかという懸念が常に残されることになります。ダイナミックカーブフィッティングならこの懸念を可能な限り限り小さくします。


グローバルカーブフィッティング (Global Curve Fit Wizard):複数データの同時分析

グローバルカーブフィッティングは、ひとつの方程式を複数のデータセットに対して同時に当てはめたい場合に使用します。選択する方程式には、必ず 1 つの独立変数があります。データセットは、様々なデータ形式を使用したワークシートやグラフから選択できます。データセットに対する方程式のパラメータの個々の挙動を指定することもできます。あるパラメータを局在化してデータセットごとに離れた値にしたり、あるいは、あるパラメータを共有化して全てのデータセットで同じ値にすることも可能です。


標準曲線マクロ

すでに計算された EC50 値に加え、EC40 や EC60 などユーザーがその他の EC 値を入力し、即座に計算することができます。Five Parameter Logistic 関数や Dynamic Curve Fitting 機能も組み込まれ、難しいカーブフィッティング問題を解く際に役立てることができます。


Enzyme Kinetics Module(酵素反応速度分析モジュール)

酵素反応および酵素の熱安定性や変性剤に対する安定性、pH に対する依存性等の酵素及びタンパク質に関するデータを素早く分析し、詳しくレポートする、回帰分析、グラフ作成用の SigmaPlot マクロパッケージです。データをインポートまたは入力し、解析のタイプと回帰方程式を選択するだけで、インタラクティブなグラフが得られます。


オートメーション機能

  • 組み込みマクロ言語インターフェースを使用した Visual Basic 互換のプログラミング機能
  • マクロレコーダーによる操作の記録と再生
  • オートメーションオブジェクトの完全サポート:Visual Basic を使用して SigmaPlot ベースのアプリケーションを作成可能
  • 組み込みマクロの実行、または、独自スクリプトの作成と追加
  • メニューコマンドの追加とダイアログボックスの作成
  • ツールボックスリボン:マクロをグループ別のアイテムに分けて表示
  • パワーポイントスライドへのグラフのエクスポート (マクロ)
  • "Insert Graph to Microsoft Word" ツールボックスリボンマクロ
  • Graph ページにおけるキーボードショートカットとワークシートにおける Microsoft Excel とほぼ同じキーボードショートカット

ワークシート機能

  • Excel ワークシートデータを SigmaPlot ワークシートへインポート、または、Excel ワークシートを Excel ワークシートのまま SigmaPlot に開くことが可能
  • ワークシートのセル編集のためのミニツールバー
  • ズーム機能に対応したワークシート
  • マウスホイールによるワークシートのスクロール
  • ワークシートにライン幅を配置し、グラフのカスタマイズに利用可能
  • ワークシートのセル内に書式テキスト (下付き文字など) を使用可能
  • フォーマット済みのワークシート:グラフを選択すると、必要なデータを構成するワークシートをフォーマット済みで提示されます。提示されたワークシートにデータを入力するだけで、即座に目的のグラフが表示されます。

トランスフォームとクイックトランスフォーム

SigmaPlot には、アクティブなワークシートのデータを操作するためにシンプルで使いやすいスクリプト言語が用意されています。このスクリプト言語は、変数にメモリ領域を割り当てることができます。ループ、ブール論理を実行したり、ワークシートを変換する関数を評価できます。

ワークシートのトランスフォームは、Quick Transform ダイアログ、または、User-Defined Transform ダイアログのいずれを使っても入力できます。

トランスフォームを使えば、シミュレーションデータを生成したり、ワークシートの列内のデータに変更を加えることができます。クイックトランスフォーム機能を使えば、トランスフォームを実装する足がかりとなる一行だけのシンプルなトランスフォームを作成できます。もちろん、何百行にも及ぶ高度に複雑なトランスフォームコードを作成することも可能です。


Notebook Manager

  • SigmaPlot のワークシート、Excel ワークシート、レポート、ドキュメント、回帰ウィザードの方程式、グラフページ、マクロを管理
  • ダイアログバーベースのノートブック:ドック、リサイズ可能。不要なときは非表示。サマリー情報モード
  • ブラウザ風のノートブック機能:ドラッグアンドドロップ可能
  • ノートブックのサマリー情報の直接編集

Report Editor

  • 分析に関するあらゆる情報をカット&ペーストまたは OLE を使用して単一のドキュメントに編纂可能。システムフォントを使用して様々な書式、サイズ、色を利用可能
  • レポートと Excel ワークシート間でテーブルデータを相互にコピー&ペースト可能
  • 任意のシステムフォントから幅広いスタイル、サイズ、カラーを選択可能
  • 定義済みスタイルまたはカスタマイズできる新しいテーブル
  • 多くのワープロソフト形式に出力可能
  • デシマルタブ(小数点の桁揃え)、タブリーダー、現在の日付/時刻フィールを追加可能
  • 垂直および水平方向のルーラ
  • 自動ナンバリング
  • レポートの背景色の変更
  • 改良された書式ルーラ
  • レポートのズーム表示
  • Word 2007 および Word 2010 の内容をレポートに直接ドラッグ&ドロップ可能

ページレイアウトと注釈オプション

  • OLE 2 のコンテナとサーバー
  • 自動またはマニュアルによる表題作成
  • WYSIWYG による編集
  • 複数行テキストエディタ
  • 単一グラフに複数の曲線とプロットを配置可能
  • 単一グラフに複数軸を配置可能
  • ビルトインのテンプレートを使用したグラフの編集
  • 多段階のズーム機能とカスタムズーム機能
  • グラフの任意サイズの縮尺
  • グラフの縦横比固定のサイズ変更に伴うグラフ要素の縮尺
  • 整列および位置設定ツール
  • 直線、楕円、ボックス、矢印の描画
  • レイヤーオプション
  • 1600万色以上のカスタムカラー
  • グラフ内に他のグラフを挿入可能
  • グラフオブジェクトの選択
  • 右クリックによるプロパティの編集
  • 新しいズーム、ドラッグ、パンコントロール
  • マウスホイールを使用したウィンドウのスクロール
  • 右クリックのプロパティによる 3D グラフの編集
  • カラースキーム
  • 他のプログラムで作成された画像オブジェクトの貼り付け

インポート/エクスポート機能

インポート形式

  • Excel, ASCII プレインテキスト、カンマ区切り, MS Access
  • 汎用 ASCII インポートフィルタ
  • SigmaPlot DOS 4.0, 4.1, 5.0 data worksheets, SigmaPlot 1.0, 2.0 Worksheet, and 3.0, 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 9.0, 10.0 and 11.0 Windows, SigmaPlot 4.1 and 5.0 Macintosh data worksheets
  • Symphony, Quattro Pro, dBASE E, DIF, Lotus 1-2-3, Paradox
  • SigmaStat DOS and 1.0 worksheets, SYSTAT, SPSS, SAS data set V6. V8, V9, SAS export file, Minitab V8 to V12
  • SigmaScan, SigmaScan Pro, SigmaScan Image, Mocha
  • TableCurve 2D and 3D
  • Axon Binary, Axon Text
  • ODBC 準拠データベースのインポート
  • SQL クエリをテーブルに実行し、必要な情報を選択的にインポート
  • Excel 2007 の SigmaPlot への直接インポート

エクスポート形式

  • Excel, ASCII プレインテキスト、カンマ区切り, MS Access
  • SigmaPlot 1.0, 2.0, and 3.0 for Windows, SigmaPlot 5.0 for Macintosh data worksheets
  • SigmaPlot 7.101, 8.0, 9.0, 10.0, 11.0
  • SigmaScan, SigmaScan Pro, SigmaScan Image, Mocha
  • SigmaStat 2.0, SYSTAT, SAS V6 data set, Minitab V11
  • Vector PDF and HTML export of graphs and reports
  • Symphony, Quattro Pro, dBASE III, DIF, Lotus 1-2-3, Paradox
  • Graph formats: JPEG, GIF, PNG, HTML, TIFF CMYK, TIFF RGB, Bitmap, Metafile (wmf), Enhanced Metafile (emf), PDF, PSD, EPS, PDF ベクトル, SVG, SWF

SigmaPlot を外部アプリケーションから利用

Visual Basic が組込まれた Microsoft Word や Microsoft Excel またはカスタムのソフトウェアアプリケーションなどの外部ソースから SigmaPlot の機能を呼び出すことができます。このようなアプリケーションから SigmaPlot を使用してデータの分析やグラフ作成を実行できます。例えば、Microsoft Word または Excel から SigmaPlot を呼び出す Visual Basic スクリプトを実行し、ドキュメント内に SigmaPlot で作成されたグラフを埋め込むといった使い方ができます。SigmaPlot の OLE2 オートメーションで、無限のフレキシビリティがもたらされます。