HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学 > CodonCode Aligner > 製品概要 > 新しい機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
CodonCode Aligner
新しい機能
製品概要 新しい機能

バージョン 9.0 の新しい機能

過去のバージョン履歴

CodonCode Aligner バージョン 9.0 では、改善された Base(塩基) ビュー、EMBL および Genbank Feature のサポート、新しい sequence selection(シーケンス選択) 機能などが導入されています。

 

Base (塩基) ビュー

CodonCode Aligner 9 には、機能と制限酵素切断部位を表示する新しい Base (塩基) ビューが導入されています。

feature (特徴) をクリックすると、features とそれがカバーする塩基が選択されます。 Shift キーを押しながらクリックすると、選択範囲が広がります。 最初に制限酵素名をクリックし、2 番目の酵素名を Shift キーを押しながらクリックして、制限断片を選択できます。

マウスオーバーすると、feature と切断部位に関する情報が表示されます。 上部のミニマップは feature の概要を示し、シーケンス内のクイックナビゲーションを可能にします。

Base ビューの左側にあるツールバーボタンには、特定の feature と酵素の表示非表示、または選択するオプションが含まれます。たとえば、一度切断した酵素のみを表示します。

 

シーケンス選択

Aligner 9.0 では、長さ、名前、シーケンス、方向、およびアセンブリ状態に基づいてサンプルとコンティグを選択する機能が追加されています。

この機能は大きなプロジェクトで作業する場合に特に役立ち、スクロールしてシーケンスを選択する必要がなくなります。

Search in the current selection オプションを使用して、これらの選択方法を一度に複数使用できます。

 

EMBL および Genbank Feature のサポート

Aligner 9.0 に Genbank と EMBL 形式のシーケンスエクスポート機能が新しく追加されました。

また、すべての Genbank および EMBL feature を Aligner 9 にインポートして、ユーザー設定に基づいて表示できます。 Feature の色は設定可能で、塩基のナビゲートおよび選択するために使用できます。

 

その他

  • “Range of Bases” を選択: 選択する塩基番号を入力して塩基を選択
  • クラスタリングの速度と精度の向上
  • Feature (タグ) カラーの変更
  • プロジェクトビューでサンプルコメントの編集
  • プロジェクトの特定の feature (タイプ) のみを表示できる新しい feature (タグ) 設定
  • シーケンス検索時のあいまいさの処理の改善

 

CodonCode Aligner 9.0 は、Windows 10 および macOS 10.14 (Mojave) と互換性があります。