ヒューリンクステクニカルサポート
Q-Chem 4.0 サポート情報 Q-Chem 製品ページ
更新日: 14/04/10

電子的な励起状態とイオン化状態のための EOM-CC/EFP

EOM-CC/EFP for the Electronically Excited and Ionized States

CCSD および EOM-CCSD 法と EFP (有効フラグメントポテンシャル) 法の組合せは、溶液中において電子的に励起またはイオン化した状態を計算するためのユニークなツールを提供します。このハイブリッド型アプローチでは、EOM-CC 法を QM 部分 (例えば発色団) に、EFP を MM 部分 (溶媒) の説明に使います。EOM-CC の様々なバリエーション (EE, SF, IP, EA) を使うことができますので、Q-Chem ユーザーは、凝縮相における様々な開殻系の波動関数を計算できます。また、QM 部分には、CIS, CIS(D), SOS-CIS(D), TD-DFT 法を利用することもできます。

 

EOM-CCSD/EFP と Full EOM-CCSD、CIS(D)/EFP と Full CIS(D) を使用して計算した p-ニトロアニリン (pNA) と水による小規模複合体のソルバトクロミック・シフト。ハイブリッド QM/EFP 計算では、pNA を EOM-CCSD または CIS(D)で処理し、全ての水を EFP であらわします。完全な量子計算と QM/EFP 計算におけるソルバトクロミック・シフトの差は最大で 0.03 eV です。このような QM/EFP 計算にかかるコストは、気相における個々の QM 計算にかかるコストと同程度です。

 

Publication:

記事原文:

Q-Chem 4.0 マニュアル:

 

計算例

 

前のページにもどる