ヒューリンクステクニカルサポート
Design-Expert サポート情報 Design-Expert 製品ページ
更新日: 21/01/15

4. グラフの最適化

本チュートリアルの冒頭で、 P&G の技術者によって開発された新しいパッケージ機についての質問を思い出してください。最初の質問に対する回答は次のようになります。計画を調整して、1つ以上のサプライヤーで最大剥離強度を目標である4.5 lbf を達成することができます。

次に、購買担当者はサプライヤーの50%を S1 に、25%を S2 に、25%を S3 に分割することを意図していました。これは2番目の質問(:これらすべてのサプライヤーに有効な計画の設計を見つけることができますか?)に繋がりました。S1の Contour プロットは、購買担当者が支持しているにも関わらず、現在の係数レベル内で目標の剥離強度を達成しないことを明確にしています。これは、S1を含む残り2つのサプライヤーのオプション代替案の設計の邪魔になります(コスト等の何らかの理由で、購買担当者は最初のサプライヤーを本当に気に入っています!)。

最後に技術者に残されているのは、3番目の代替案(:3つのサプライヤーのうち2つにおいて共通の計画を実現できない場合は、最大剥離強度の上限を6 lbfから引き上げることができます(この際、顧客がはさみを使用したり、パッケージ設計者がプラスチックに切り込みを入れて開けやすくすると仮定します)。これにより、複数のサプライヤーに対する計画設計条件の他の方法が見つかりますか?)だけです。

従って、3 lbf を超え(漏れを防ぐため)、6 lbfを超えない(パッケージを開けにくくする)パッケージを作成するための、3つのサプライヤーそれぞれの操作ウィンドウを調べるときがついに来ました。Optimizationブランチで、“Graphical” ノードをクリックします。LimitsLower 「3」Upper「6」を入力してください。

グラフの最適化の基準

 

“Graphs” タブをクリックしてください。デフォルト設定では操作ウィンドウがありません。Factors Toolで、C:Speedのバーをクリックして左にスライドし、サプライヤー(S1)の領域を表示する必要があります。

Low speed (C)におけるサプライヤーS1の領域

 

次に、S2およびS3のD:Supplierオプションから選択します。S2のみがこのCのレベルで機能することに注意してください。3つのサプライヤーすべてに都合の良い条件はありません。

Low speed (C)におけるサプライヤーS2の領域

 

残りの唯一の方法は、 D:Supplier を S1 (左のドット)に戻し、Max peel strength の境界線をクリックして右にドラッグし、6を超えて増加させることです。そのままドラッグし、7付近まで押し上げます(この場合、パッケージを開くのにハサミを用意しておくとよいでしょう!)。

最大剥離強度の境界線を7付近までドラッグします

 

目的のチュートリアルはここまでで十分です。必要に応じて、他のサプライヤーを選択して、新しい条件で目標を達成できるかどうか確認してみてください。あなたはその結果を見て、驚くかもしれません。