包括的な機能を提供する実験計画法 (DOE) ソフトウェア


Stat-Ease 360 は、Design-Expert® ソフトウェアを強化し、データ分析の機能を拡張した実験計画法 (DOE) ソフトウェアです。パワフルな統計エンジンに、実験計画法に慣れていない方にもわかりやすく使いやすいインターフェイスが搭載されています。重要な因子をスクリーニングするだけでなく、最高のパフォーマンスを実現するための理想的なプロセス設定を見つけ出し、最適な製品設計を発見することができます。


Stat-Ease 360 の機能


Python スクリプト

Stat-Ease 360 と連動する Python スクリプトを作成できます。Python のエコシステム全体を利用して、データの可視化、分析、活用を行います。



Gaussian Process (ガウス過程) モデル

ガウス過程を解析手法として利用できます。GP モデルを使って、コンピュータ実験などの決定論的な応答を解析することができます。



Space-Filling Design (空間充填計画)

これらの計画法には、コンピュータ実験に理想的な多くの特性があります。

  • Latin Hypercube design (ラテン超方格法)
    すべての因子のレベルごとに 1 回だけ実行されます。

  • Optimal Space-Filling design(最適空間充填計画)
    デザインスペース全体にポイントを均等に配置するマキシミン基準を使用しています。

ロジスティック分類

ロジスティック回帰モデルの Classification (分類) タブで、しきい値および ROC 曲線プロットが利用できます。