HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > Surfer (サーファー) > サポート > Surfer の等高線マップを Google Earth に取り込む
新規購入お見積
アップグレードお見積
Surfer (サーファー)
サポート

Surfer テクニカルサポート

更新日: 19/03/06

Surfer の等高線マップを Google Earth™ に取り込むには?

ユーザーが作成したマップをエクスポートして、直接 Google Earth™ の航空写真の上で開けるように Surfer 10 以降で KMLKMZ 形式へのエクスポート機能を追加しています。

ここでは、まず色塗りをした等高線マップを作成し、それを KML ファイルとしてエクスポートし、Google Earth でそれを開いて内容を確認します。

 

  1. Surfer を起動します。

  2. 2. マップを作成します。例えば、Map | New Map | Contour をクリックし、Samples フォルダに入っている Conifer.grd を選択してOpenをクリックします。グリッドファイルに基づいて等高線マップが作成されます。

  3. もし、可能な場合は、Contours レイヤーに座標系データが自動的に代入されます。この事例のマップは UTM 座標で作成されます。

  4. KML ファイルでは、マップの座標が Lat/Long (緯度経度) 単位であることが要件ですので、このマップでは座標系を設定する必要があります。これを確認するには、Contents ウィンドウから Map をクリックして、その Properties ウィンドウで Coordinate System タブをクリックします。

  5. もし、座標系が指定されている場合は、次のステップに進んでください。もし、座標系が何も指定されていなければ、Change ボタンをクリックして、そのマップの座標系を選択して OK をクリックしてください。

  6. マップに対して任意のカラーやカスタマイズを適用します。 例えば、Contents ウィンドウで Contours を選択します。

    1. Property ウィンドウの Levels ページで、Fill contours チェックボックスを ON にします。
    2. Level methodAdvanced に変更します。
    3. Edit Levels ボタンをクリックします。
    4. Levels for Map ダイアログが開きますので、Line 列のヘッダをクリックします。
      1. Line ダイアログが開きますので、Properties セクションで Gradational を選択します。
      2. Color ボタンをクリックして、Colormap ダイアログの Presets から Rainbow を選択します。
      3. OK をクリックして、再度、OK をクリックします。
    5. Levels for Map ダイアログに戻りますので、今度は、Fill 列のヘッダをクリックします。
      1. Fill ダイアログが表示されますので、Foreground Color ボタンをクリックします。
      2. Colormap ダイアログが表示されますので、Presets から Rainbow を選択し、Opacity スライダーを 50% に動かします。
      3. OK をクリックして、再度、OK をクリックします。
    6. Levels for Map ダイアログに戻りますので、今度は、Label 列のヘッダをクリックします。
    7. Set の値を 0 に変更して、OK をクリックします。
    8. Levels for Map ダイアログの OK をクリックします。

  7. Contents ウィンドウで、Right Axis, Left Axis, Top Axis, Bottom Axis のチェックを解除します。

    Google Earth にエクスポートするために、座標系、色、透明度を指定したマップを作成した例。

  8. File | Export をクリックします。

  9. 保存するファイル名を入力して、Google Earth KML 形式を選択したら、保存をクリックします。


  10. Export Options ダイアログで OK をクリックすると、KML ファイルが生成されます。


  11. Google Earth を起動します。

  12. File | Open をクリックして、作成した KML ファイルを選択したら Open をクリックします。等高線マップが読み込まれ、航空写真上にそれが表示されます。指定したカラーと透明度はそのまま引き継がれます。

    Google Earth でこの KML ファイルを開くと、該当する航空写真のエリアにマップが自動的に重なります。