HOME > ソフトウェアパッケージ > 文書・ファイル管理/ファイルサーバー > 新旧文書 Excel 版
新規購入お見積
新旧文書 Excel 版
Excel 文書の新旧差分を素早く特定

新旧文書 Excel 版

Excel 文書の比較結果が一目でわかり、差分、更新漏れが一目でわかる

新旧文書 Excel 版 は、Microsoft Excel のプラグインとして動作します。以下の機能を提供します。

  • 新旧2文書を比較、大きなワークシートでも変更箇所をすぐに把握
  • 正確で見やすい「差分一覧」、「差分レポート」を簡単操作で自動生成
  • 比較表示から、ワンクリックで変更箇所のセルにジャンプ
  • テキストや値だけではなく、計算式および計算結果も比較
  • 旧バージョンの Excel や CSV ファイルの比較が可能
    • 比較できる項目
      ・セル内の文字列、数値、計算式の変更
      ・行/列の追加
      ・行/列の削除
      ・行/列の移動
      セル内のデータの形式によっては、比較精度が低下する場合があります。

活用シーン

  • データや定義書・仕様書、ルール定義書、DB マスタなど重要書類の変更点を伝える
  • 仕様書や設計書など各ドキュメントの変更履歴の作成、最新ファイルの確認
  • 価格表や料率の変更など、値や計算式の差分の確認
  • 気象データ等、全時系列データを日付毎に1シート単位での比較
    ⇒ ある時点とある時点を比較し何が変わったのか比較したい
  • 見積価格表の時点毎の比較
  • チラシや価格表など印刷物の校正チェック
  • 数パターンのシステムプログラム定義書のパターン毎のテスト結果評価
    ⇒ パターン毎の差分が分ることにより設計変更必要な対象を明確化
  • 変更を加えた帳票の確認作業

 

「新旧文書 Excel版」の使い方

  1. インストールすると Excel に「新旧文書比較」タブが追加されます。
  2. 2文書選択をクリックするとファイル選択画面が開きます。

  3. ファイルとシートを選択、OK ボタンを押すだけで新旧文書の変更箇所を色で明示、同時に変更点一覧を表示します。
    「同位置のセルのみ比較」をチェックすると、行/列の追加、削除、移動がないという前提で、同じ一のセルの内容のみ比較することができます。

  4. ボタン一つで変更箇所のセルにジャンプ。大きなシートでも変更箇所を見逃さず、一瞬で確認できます。

  5. 新旧対照表形式でレポートを出力します。※書式のカスタマイズに対応します。

 

機能と特徴

  • 変更箇所の表示
    新旧の Excel を左右に並べ、追加・変更・削除を、文字色や背景色で分かりやすく表示します。

  • 変更点一覧
    行の追加やテキスト・値・計算式の変更などの差分を一覧表示します。
    差分をクリックすることで、変更箇所をフォーカスし、変更内容を確認することができます。

  • レポート出力
    差分とその変更内容を、Excel ファイルにレポート出力することができます。

  • MS-Excel のアドイン
    Excel 2007/2010/2013 に対応したアドインとして機能します。
    比較する文書は Excel 文書であれば、バージョンは問いません。

  • 出力の利用
    差分抽出後の出力ファイルは改訂作業に利用することができます。

 

比較できるファイル形式

  • Excel ブック (xlsx 形式)
  • Excel 97-2003 ブック (xls 形式)
  • テキストファイル (CSV 形式等、Excel で開くことができるテキストファイル)