HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学 > CLiDE (クライド) > 製品概要 > 新しい機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
CLiDE (クライド)
新しい機能

バージョン 5 の新しい機能

過去のバージョンの履歴

プラットフォーム拡張:

  • CLiDE Professional を Linux にポーティング
    このバージョンの CLiDE Professional は CentOS 5 (Red Hat Enterprise Linux 5 と同等) マシンでビルドされました。従って、CLiDE Professional は 2007 年以降の Linux ディストリビューションのみサポートします。

  • CLiDE Professional を Mac にポーティング
    このバージョンの CLiDE Professional は Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) マシンでビルドされました。従って、CLiDE Professional は Mac OS X 10.6 以降のみサポートします。

 

インポート:

  • 次の文書フォーマットを新たにサポートしました:

    1. MS Word 1997 – 2003 (doc 形式)
    2. MS Word 2007 – 2010 (docx 形式)
    3. HTML (電子メール用)

    これらのファイル形式にエンベッドされたデータへのアクセスには、CLiDE Professional は、ユーザーのマシンにインストールされている次の外部ソフトウェアに接続します:

    1. Windows プラットフォーム:MicroSoft Word 2007 以降
    2. Linux/Mac プラットフォーム:LibreOffice 3.4 以降

  • MS Word 文書にエンベッドされたオブジェクトから分子の抽出をサポートします。次の形式のエンベッドされたオブジェクトを処理します:

    1. ChemDraw オブジェクト
    2. Accerlys Draw (以前は SymyxDraw や IsisDraw と呼ばれた) オブジェクト

    複数の分子を含むエンベッドされたオブジェクトからの分子の抽出もサポートしました。

 

化学構造式の抽出:

  • 修正のステップの後に、相互に非常に近い場所にある原子を持つ分子の自動マージ機能を追加しました。これは互いに接触している接続された部分は、分子を部分に分割してしまうことで、分子の抽出におけるエラーを起こすためです。
    化学構造式
    CLiDE Professional 4.x で
    抽出した分子
    CLiDE Professional 5.x で
    抽出した分子

  • カギ括弧の自動認識を追加しました。これはカギ括弧から分子を作成しようとすることを避けるためです。
  • 下線付きのテキストの自動認識を追加しました。これは下線付きのテキストから分子を作成しようとすることを避けるためです。
    Extraction from page 83 of patent WO2008099019 by CLiDE Professional 4.4
    Extraction from page 83 of patent WO2008099019 by CLiDE Professional 5.1

 

エラーレポート:

  • 抽出された分子内の次のエラーを特定し、レポートするようになりました:

    1. 短いボンドでの原子の衝突
    2. ボンドの小さい角度 (15度以下)
    3. 原子の分解

    原子の分解とは、互いに近距離にある2つの分子の部分をマージすることによって、CLiDE が抽出された分子を自動的に修正しようとすることを示しています。これは互いに接触している接続された部分は、分子を部分に分割することで、分子の抽出におけるエラーを起こすためです (上記を参照) 。

 

分子の表示:

  • 次のカラースキームに基づいて分子の部分をハイライトするように拡張されました。暖色はエラーを示すために使われ、寒色は他の情報を示すために使われます:

    超原子
    R-基
    原子価が誤っている原子
    解釈されていない原子
    ボンドが短くクラッシュした原子
    ボンド角が小さい原子
    CLiDE の分子抽出が分子を部分に分割してしまった原子

 

エクスポート:

  • エンベッドされたオブジェクトから抽出された分子をエクスポートするとき、エンベッドされたオブジェクトのオブジェクト ID が保存されます。
  • 解釈されていない原子、原子価が誤っている原子とは別に、ボンド角が小さい原子や分解された原子も、エクスポートファイル内に示されます。