ヒューリンクステクニカルサポート
Gene Inspector ホームページ | Gene Inspector
更新日: 14/03/19

4.14.22 Side Chain Flexibility

ペプチドセグメントの側鎖屈曲性 (side chain flexibility) を調べるこの解析では、Karplus & Schultz (Naturwissenschafter 72:212 (1985) ) のアルゴリズムが使用されます。側鎖屈曲性を調べることで、抗原性 (antigenicity) が分かります。ペプチドセグメントの屈曲性は、31種類のタンパク質の結晶構造を調べて決定されたものです。