ヒューリンクステクニカルサポート
Design-Expert サポート情報 Design-Expert 製品ページ
更新日: 21/01/13

1. はじめに

Design-Expert® ソフトウェアでは、混合物の成分とプロセス変数 (数値型因子および/またはカテゴリー型因子) の両方を組み合わせた計画を構築できます。このチュートリアルでは、John Cornell 著『Experiments with Mixtures, 3rd edition』(published by John Wiley and Sons, New York)から引用した有名なフィッシュ・パテの実験を取り扱います。この混合プロセスの計画と分析に、Design-Expert の独自の機能を適応していきます。急いでいる場合は囲み内のセクションを飛ばしてください。しかし詳しく学びたい場合は、これらに時間をかけてください。

注意: このチュートリアルを始める前に、既に紹介してある『混合計画 (Part1:基礎編Part2:最適化) 』を先に読んでください。
P.S. Stat-Ease 社は、混合プロセスに関する詳細なトレーニングをワークショップ「Mixture and Combined Designs for Optimal Formulations」にて実施しています。コンテンツとスケジュールに関する情報が必要な場合、Web サイト www.statease.com にアクセスしてください。

 

ある料理研究家が、食欲をそそられる(?)3種類の魚:ボラ(mullet)、シープヘッド(sheepshead)、クローカー(croaker)を組み合わせて、とびきりの料理を作ろうと考えています。う~ん、おいしそう!実験に使用する7つの組み合わせには、3種類の魚をそれぞれ単独で使用したものに加え、2種類ずつ組み合わせたものが3つ、および、3種類の魚それぞれを 3分の1ずつ組み合わせたものが1つあります。こうして用意されたフィッシュ・パテは、油で揚げる時間、オーブンの温度、オーブンの加熱時間をそれぞれ変えて調理されます。7つの組み合わせそれぞれについて、これら2水準のプロセス因子を組み合せると、試行回数は合計で 56 回になります。以下の図は、7つの組み合わせを三角形上の点であらわしています。大きい立方体はプロセスを表しており、組み合わせを表す三角形はプロセスの8つの頂点でそれぞれ繰り返されることになります。

フィッシュ・パテ計画:8つのプロセスの組み合わせ(立方体)
にある7つの組み合わせ(三角形の上)

 

この実験で測定する応答は、パテの食感です(味覚に関しては考慮しません!)。