UN‑SCAN‑IT UN‑SCAN‑IT gel

UN-SCAN-IT

UN‑SCAN‑IT グラフデジタイズ・ソフトウェアは、画像ファイルとして保存されたグラフの情報から、それがあらわす内容である (x,y) データの値を自動的に抽出するツールです。UN‑SCAN‑IT は、スキャナ、デジタル カメラ、または、その他の手段で取得したほとんどの画像形式(JPG、TIFF、GIF、BMP、PNG など)に対応し、各種プロット、ストリップチャート (帯型の長い紙に記録されたグラフ)、機器出力、古いグラフ、出版物に掲載されたグラフなどをデジタル化することができます。UN‑SCAN‑IT は、グラフの各種デジタル化機能に加えて、ピーク領域の面積計算、データの平滑化、導関数の取得、グラフの再スケーリング、および他のプログラムで使用するための (x,y) データのエクスポートも行うことができます。

もし、印刷されたグラフのデータの値を、重ねた2枚のグラフを光にかざしてその形状を比較したり、プラニメーターやカットアンドウェイ法でピークの面積を求めたり、デジタイズタブレットで各点を「目を細めて」クリックしてその値を推量していたとすれば、UN‑SCAN‑IT を使う方が同じ作業をより正確で素早く手軽に行なえることをお分かりいただけるでしょう。

UN‑SCAN‑IT を使ってできること:

UN‑SCAN‑IT の仕組み

UN-SCAN-IT グラフデジタイジング・ソフトウェアには多数のオプションと機能がありますが、基本的な操作は、いくつかの簡単なグラフデジタル化ステップを通じて、画像 (JPG、TIFF、GIF、BMP、PNG など) を変換して、そこに含まれる (x,y) 値を取得するというものです。

 

UN‑SCAN‑IT の機能

最新の機能

スクリーンショット

"Digitiza a Graph" を選択して (x,y) データの抽出を開始します。
画像ファイル (TIFF, Jpeg, BMP 等) を読み込みます。
デジタイズモードを選択します。
デジタイズオプションを選択します。
スケールを定義します。
自動的に (x,y) データが取得されます。
(x,y) データをエクスポートすれば、スプレッドシートやその他のソフトウェアで利用できます。
ピーク面積の計算、X データの間隔調整、データのスムージング機能が用意されています。