HOME > ソフトウェアパッケージ > 数値データ解析/可視化 > PeakFit (ピークフィット)
新規購入お見積
アップグレードお見積

【SYSTAT社製品】

PeakFit (ピークフィット)
分光器やクロマトグラフィーのピーク解析ソフト

PeakFit は、複数の重なったピークを豊富な組込みピーク関数を用いて非線形最小二乗法により分離し、ピークの位置、面積、幅等を算出します。クロマトグラフ等で見られるテーリングに対応したガウス関数も含まれています。ベースラインには、多項式、指数関数、対数、双曲線を用いることがことが出来ます。

回帰分析において、初期値の設定は非常に重要で手間のかかる作業ですが、 PeakFit ではこの初期値の設定がほとんど自動で行われるだけでなく、グラフ上で初期設定の理論曲線を確認することが出来ますので、とても安心して解析を進められます。さらに初期値を変更したい場合も、グラフ上でのマウス操作のみで視覚的に行うことができ、ピークの追加や削除、強度の変更等が非常に簡単に行えます。

PeakFit は、大きなピークに隠れた小さなピークも見逃しません。図のように、4つのピークを自動認識し、分離することが出来ます。
PeakFit 初心者でも、データの入力から出力まで、14の非対称の重なったピーク解析を 5分で終了できます。リアルタイムで更新されるグラフにより、各々のピークの特徴を確認しながら、解析を進められます。
  • スムージング機能
    ラジオボタンの選択で、FFT Filtering、Gaussian convolution、Savitzky-Golay method、Loess algorithm によるスムージングを行えます。
  • 2次微分、4次微分
    メニューから「Inspect 2nd Derivative…」を選択するだけで、2次微分が得られ、この結果をピーク解析に用いることが可能です。
  • 初期値の自動設定
    PeakFit には、残差、2次微分、デコンボリューションを用いた3種類の自動初期値設定機能があり、ガウス曲線の初期値を簡単に設定することができます。図のようにメニューから選択します。
    初期値設定法の選択 自動設定された初期値

  • ピーク分離の実行
    解析結果は、各ピークのパラメータと数値データを以下のようにに出力できます。

    result.rtf (59KB)
    (リッチテキスト形式)

    result.xls (205KB)
    (Excel 形式)
    ピーク解析の結果  

  • ガウス関数一覧
    PeakFit の ガウス関数 一覧はこちらをご覧下さい。

入力可能なファイル形式

  • ASCII
  • Excel (但し Excel 2000 / 2003 形式には未対応。詳細
  • Lotus 123
  • Quattro Pro Windows
  • SigmaPlot
  • AIA chromatography
  • dBase III+, IV
  • DIF
  • ASCII 互換のスプレッドシートデータ
  • Averaging digital filter

書出し可能なファイル形式

  • 互換性のあるファイル形式:
    • Excel
    • Lotus 123
    • Quattro Pro

  • Windows, SigmaPlot 、ASCII
    • グラフは、BMP 又は WWF 形式ファイルとして書き出すか、クリップボード経由でアプリケーション間でやりとりが可能です。
    • グラフ内にあるすべての数値データは、クリップボード経由でスプレッドシートに貼り付け可能です。