HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > StarDrop
ヒューリンクステクニカルサポート
StarDrop サポート情報 StarDrop 製品ページ
更新日: 19/06/24

StarDrop 6.3 Derek Nexus インストールガイド

Derek Nexusモジュール は StarDrop 6.3 から Linux の Java Development Kit を用いた Webサーバーへのインストールが必要です。以下は Java 1.7 と Development Kit のバンドル版 (32bit) と Apache Tomcat 8.0.35 のインストールを含む、Derek Nexus Webサービスのインストール方法です。手順1~5 の操作にはサーバー (Linux) の管理者権限が必要です。

  1. インストールの準備をします。
    1. インストールディレクトリを作成し、そのディレクトリに移動します。例えば、インストールディレクトリを /opt/stardrop とする場合、次のように実行します。
      # mkdir /opt/stardrop
      # cd /opt/stardrop

    2. インストールディレクトリへインストールメディアの tarフォルダ の中のファイルをコピーします。例えば、メディアが /media/cdrom にマウントされている場合には、次のように実行します。
      # cp /media/cdrom/StarDrop/tar/* ./

      lsコマンド を実行すると、インストールディレクトリ内に次のように 3つのファイルが確認できます。
      # ls
      apache-tomcat-8.0.35.tar.gz  DerekNexus.tar  jdk-7u79-linux-i586.tar.gz

  2. 3つのファイルをそれぞれ展開します。
    1. jdk-7u79-linux-i586.tar.gz を展開します。
      ファイルが展開されると「jdk1.7.0_79」ディレクトリができます。
      ※ディレクトリ名が「jdk1.7.0_79」以外の場合、手順 3 の b にて、ファイル編集が必要となります。
      # tar –xzf jdk-7u79-linux-i586.tar.gz

    2. apache-tomcat-8.0.35.tar.gz を展開します。
      ファイルが展開されると「tomcat-8.0.35」ディレクトリができます。
      # tar –xzf apache-tomcat-8.0.35.tar.gz

    3. DerekNexus.tar を展開します。※ tar のオプションが a, b と異なる点にご注意ください
      ファイルが展開されると「DerekNexus」ディレクトリができます。
      # tar –xvf DerekNexus.tar

  3. Webサーバーの起動設定をします。
    1. 「tomcat-8.0.35」ディレクトリの名前を「tomcat」へ変更します。
      # mv apache-tomcat-8.0.35 tomcat

    2. 手順2のaにて展開されたディレクトリ名が「jdk1.7.0_79」以外の場合、/opt/stardrop/DerekNexus ディレクトリにあるテキストファイル「tomcat」を編集する必要があります。「export JAVA_HOME="/opt/stardrop/jdk1.7.0_79"」を展開されたディレクトリ名と一致するように修正します。

      <変更前>
      # JDK directory
      export JAVA_HOME="/opt/stardrop/jdk1.8.0_202 "

    3. tomcat サービスを追加します。
      # cp /opt/stardrop/DerekNexus/tomcat /etc/init.d/

    4. 自動起動を設定します。
      # chkconfig --add tomcat
      # chkconfig –-level 234 tomcat on

      次のように、自動起動のリストを表示すると、tomcat の 2, 3, 4 が onであることが確認できます。
      # chkconfig --list | grep tomcat
      tomcat         	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:off	6:off
      

  4. Derek Nexus ウェブサービスをインストールします。
    1. derekwebservice.war を webapps へコピーします。
      # cp ./DerekNexus/derekwebservice.war ./tomcat/webapps/

    2. Web サーバーを起動します。
      # service tomcat start
      Starting Apache Tomcat:  [OK]

    3. tomcat ディレクトリの直下に derek ディレクトリが生成されたことを確認します。
      # ls /opt/stardrop/tomcat

  5. Derek Nekus ウェブサービスの環境設定をし、ライセンスをインストールします。
    1. /opt/stardrop/tomcat/Derek/configuration ディレクトリにあるテキストファイル
      「org.lhasalimited.ws.derek.config.properties」を次のように編集します。

      <変更前>
      #Login key property
      LOGIN_KEY = defaultKey

      <変更後>
      #Login key property
      LOGIN_KEY = StarDrop

    2. ライセンスファイル License.lxt を derekディレクトリへコピーします。例えば、License.lxtファイルがデスクトップにある場合には、次のように実行します。
      # cp /home/USER/Desktop/License.lxt /opt/stardrop/tomcat/derek/licensekeys/

    3. ウェブサーバーを再起動します。
      # service tomcat restart

  6. クライアント側から通信テストをします。
    1. File > Preferences を選択して Preferences の画面を開き、Derek Nexus タブの Name欄にサーバー名か IPアドレスを入力し、Testボタンをクリックします。「Success」と表示されれば、通信テスト成功です。
      ※ 通信にはポート 8080番を使用します。ファイアウォール等を設定している場合には別途通信できるように設定をしてください。 


      「OK」ボタンをクリックして、Preference 画面を閉じると、Modelsタブに Derek Nexus が追加されます。

 

前のページにもどる