Igor Pro テクニカルサポート
更新日: 14/04/22

Waterfall プロットのカラー指定

Q. Waterfall プロットの 1点 1点に任意の色を指定することはできますか?

A. f(z) を使用することで、1点ずつに任意のカラーを指定することが可能です。

例えば、10ポイント 5列(計 50ポイント)の Waterfall プロットの場合、50 ポイント 3列のカラーウェーブを作成します。

3列のカラーウェーブの各列は、RGB の各色に対応しており、16 bit 整数(0~65535)で指定する必要があります。

f(z) の指定は、グラフメニュートレースアピアランスの修正f(z) ボタンと操作し、f(z) を設定ウィンドウの「カラーモード」のリストで「3列のカラーウェーブ」を指定します。(※1

ただし、v5.x~v6.0 までの IGOR Pro では、Waterfall プロットに対して、適切なカラーウェーブが「Z ウェーブ」のリストに表示されない不具合があるため、f(z) を指定ウィンドウから設定できません。

次のように ModifyGraph コマンド(※2・3 )を直接入力する必要があります。

ここで、jack は Waterfall に表示されているデータのウェーブ、Jackcolor は 3列のカラーテーブルのためのウェーブです。

もし、Waterfall に表示しているウェーブが aaa という名称で、これに対応するカラーテーブルのウェーブが bbb の場合は、次のようになります。

ModifyGraph コマンドの詳細は、ヘルプの ModifyGraph for Traces の項をご参照ください。

☆上記の操作ファイル(Waterfall_f(z)カラー指定.pxp/IGOR Pro 5.05J で作成)のダウンロードはこちら。
※1 :この操作の詳細は「f(z)によるカラー指定」もご参照ください。
※2 :最後の引数はカラーテーブルを反転させるかどうかのフラグで、v6の新機能ですが、directRGB を指定した場合は無視されます。また、省略も可能です。
※3 :v4以前では動作を確認していません。