ヒューリンクステクニカルサポート
Gene Inspector ホームページ | Gene Inspector
更新日: 14/03/19

4.14.28 Transmembrane Helices

Transmembrane helix (膜貫通へリックス) 解析は、膜を貫通するドメイン候補となりそうなタンパク質の疎水性 α らせん、または、β 領域を同定するために設計されたものです。これは、移動窓 (Sliding Window) 解析のひとつで、以下に示すテーブルの値を使用します:

膜貫通ドメインに使用する最適な窓サイズは 19~20 アミノ酸です。