HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > Absoft Pro Fortran
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
更新日: 14/09/16

C 言語で書かれた関数と Fortran コードを連携させる

Fortranプログラムは、CALL 文を使用して C 言語で書かれた関数を簡単に呼び出すことができます。ここでは、「ユーザーガイド/第9章・他言語とのインターフェイス」に紹介されている事例を、いくつか実行してみましょう。C/C++ コンパイラには、Visual Studio Express 2013 を使用します。

 

1. C/C++コンパイラの登録

Absoft Tools で Visual Studio C コンパイラ(cl.exe)を使用する場合、まず FilePreferences...|Windows C/C++ Compilers パネルを開いて、コンパイラを登録する必要があります。Visual Studio 2013 の場合は、Custom ボタンをクリックして vcvarsall.bat ファイルを登録して下さい。vcvarsall.bat ファイルが、cl.exe ファイルやライブラリなどの環境変数を設定してくれます。

 

2. C の main 関数から Fortran のサブルーチンを呼び出す

C の main 関数から Fortran のサブルーチンを呼び出すことも可能です。以下のように、C と Fortran のソースファイルを用意して下さい。

Absoft Tools でビルドし、実行した結果を示します。

 

3. Fortran プログラムから C 関数を呼び出す

以下のように、C と Fortran のソースファイルを用意して下さい。

Absoft Tools でビルドし、実行した結果を示します。

 

備考

名前マングリングの変更について(Ver 10.2 で変更されました)

Change in name decoration from 10.0 and earlier releases

Users upgrading to Pro Fortran 10.2 from releases prior to 10.1 should be aware that the default name mangling and source code case sensitivity options were changed in release 10.1 and these changes remain in place for Pro Fortran 10.2. By default, all source code identifiers are folded to lower case and external routine names are output with a single underscore appended. This change applies to both Fortran 77 and Fortran 95 compilation modes.

 

 

前のページにもどる