HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > Absoft Pro Fortran
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
更新日: 14/03/27

初めての Absoft Pro Fortran 2012

(Absoft Pro Fortran 2013, 2014 でも同様にテストすることができます)

Absoft ProFortran 2012 のインストール後、問題なくインストールされたかどうか確かめるために、サンプルソースコードのコンパイル、プログラム実行を行ってみましょう。すべてのツールの動作を確認をするために、Fortran コンパイラをコマンドラインで直接操作するのではなく、Absoft Developer Tools を起動してテストします。

ここでは Windows 版を使って説明していますが、Macintosh 版、Linux 版でも同様にテストすることができます。また、下記のテストがうまくいかない場合は、最後の「問題と対策」の節をお読み下さい。

  1. Absoft Developer Tools の起動
  2. Project の作成
  3. ソースコードの読み込み
  4. アプリケーションのビルド (コンパイル)
  5. アプリケーションの実行
  6. 問題と対策

 

1. Absoft Developer Tools の起動

最初に Absoft Developer Tools を起動します。Windows のスタートAbsoft Pro Fortran 2012Developer Tools Interface メニューコマンドを実行するか、コマンドラインの場合は下記を入力して、Enter キーをクリックして下さい。

注) Macintosh 版の場合は、アプリケーション/Absoft11.5/AbsoftTools をダブルクリックして下さい。
注) Linux 版の場合は、/opt/Absoft11.5/AbsoftTools を実行して下さい。

 

Developer Tools Interface の置かれたフォルダ内に、サンプルコードの examples フォルダがあります。

 

2. Project の作成

Developer Tools Interface では、Project 単位でソースコード、コンパイルオプション、オブジェクトファイルなどの管理を行います。したがって、まず新しい Project を作成します。

  1. Project|New Project メニューコマンドまたは Ctrl+Shift+N キーをクリックします。

  2. Project Options ダイアログが表示されますので、General ページで Project Name を「Fibonacci」に、Target Filename を「Fibonacci.exe」に設定します。プロジェクトファイルを保存するためのフォルダは、Project Directory でデフォルト設定の場所から変更することができます。
    注) プロジェクトのデフォルトフォルダは、FilePreferences... メニューコマンドをクリックし、Directories パネルを開いて設定することができます。

  3. つぎに Target Type (実行ファイルのユーザーインターフェイスの種類) を設定します。Target ページを開き、Target Options セクションを見て下さい。デフォルトでは Terminal Application に設定されていますので、これを Qt ベースの AWE Application に変更します。
    注) Windows 版、Macintosh 版は、メニューバー、スクロール可能な出力ウィンドウ、印刷機能など Windows 標準のインターフェイスが自動的に付加される MRWE (Microsoft Runtime Windows Environment) を選択することもできます。

    今回は、以上のオプションだけ設定して OK ボタンをクリックし、Default Tools Options ダイアログを閉じます。すると、左上に Files のセクションがある Absoft Tools ウィンドウが表れます。ウィンドウタイトルには、設定したプロジェクト名が表示されます。

 

3. ソースコードの読み込み

  1. つぎにテストのためのサンプルソースコードを読み込みます。ProjectAdd File(s)... メニューコマンドをクリックすると Choose a file ダイアログが表示されます。C:¥Absoft 11.5¥examples フォルダが表示されていない場合は、ファイルの場所プルダウンメニューを使って、サンプルフォルダを開いて下さい。その中にある Fibonacci.f95 ファイルを選択し、開くボタンをクリックします。


  2. Absoft Tools ウィンドウの Files セクションに、ソースファイル名が表示されます。コンパイルすると、設定したオプションが適用されます。Files セクションは、プロジェクトに関連するすべてのファイルを、種類別に表示させることができます。

 

4. アプリケーションのビルド (コンパイル)

 

5. アプリケーションの実行

  1. Absoft Tools ウィンドウで BuildExecute メニューコマンドまたは ボタンをクリックすると、コンパイル済みのファイルを実行することができます。Windows のスタートファイル名を指定して実行... をクリックして、プロジェクトフォルダにある Fibonacci.exe を指定して OK ボタンを押しても、また Explorer ウィンドウで Fibonacci.exe ファイルをダブルクリックしても、もちろん実行できます。
    注) Absoft Tools ウィンドウでは、Build コマンドを実行せずに Execute コマンドをクリックした場合、自動的にビルドが開始され、アプリケーションが実行されます。

 

6. 問題と対策

アプリケーションのビルドと実行に成功したら、インストールテストは終了です。うまくいかない場合は、以下を参考にして下さい。

Macintosh版

Linux 版

 

前のページにもどる