HOME > ソフトウェアパッケージ > 統計解析/グラフ作成 > Grapher (グラファー) > 製品概要 > 新しい機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
Grapher (グラファー)
新しい機能
製品概要 新しい機能

Grapher の新しい機能

過去のバージョンの履歴


Grapher Preview

Grapher Preview とは Grapher 16 の「プレビュートラック」(予告版)です。
新機能に関する完全なリストは、オンラインヘルプをご覧ください。

1. 新しいカラーマップエディター

  • Preset ドロップダウンメニュー項目の、追加、削除、名称変更、位置変更ができます。
  • Color と Opacity (不透明度) のマッピングを分離することで、お持ちのデータの表現をより詳細に制御できます。
  • カラーマップと不透明度マップの背後のヒストグラムに、お持ちのデータの値の広がりがあらわされますので、お持ちのデータをあらわすのに、どこに追加のカラーが必要か、または、どこに不透明度の設定変更が必要かを容易に把握することができます。
  • カラーマップのストレッチ (色ノードの間隔) を Evenly distribute (ノード間を等間隔にする) または Equalize (等面積のストレッチで、ノード間にあるデータの量がどこでも等しくなるようにノードが配置されます) に変更できます。
  • カラーマップの手法 (Method) を変更することで、ノード間のカラーグラデーションをあらわす各種手法を選択できます。
  • カラーマップの値の尺度に線形のほかに対数が選択できるようになり、これを使ってカラーのわずかな変化を強調してあらわすことができます。
Colormap Editor で、カラーマップと不透明度マップの設定を細かく制御できます。

 

2. バーチャートの軸の中断にシンボルを追加する

Grapher 15 では特定のラインプロットについて、プロット上の軸の中断の表示法をカスタマイズできる機能が追加されました。軸の中断が及ぶプロットの位置をあらわすのに、グリッドライン、空きスペース、軸の中断のシンボル、または、ユーザー定義のシンボルを追加できます。この機能は、Grapher Preview v16 のバーチャートにも拡張されます。

バーチャートの棒を、軸の中断記号で分割できるようになったことで、軸の中断が及ぶプロットの位置をあらわすことができます。

 

3. カラーテーブルとシンボルテーブルについての凡例

散布プロット中の点は、シンボルテーブルを適用することによって素早く簡単に識別できるようになります。同様に、バーチャートやその他の特定のプロットタイプのカラーも、カラーテーブルを適用することによって識別できるようになります。このようなシンボルテーブルやカラーテーブルを凡例に追加できるようになったことから、シンボルやカラーであらわされる内容が何であるかを容易に伝えることができます。

シンボルテーブルやカラーテーブルの凡例を追加することで、シンボルやカラーであらわされる内容を伝えることができます。

 

4. 散布プロットにカラースケール追加してグラデーションで色分けされたシンボルを表示

Grapher 15 では、散布プロットのカラーシンボルを、あるデータ列の値に基づくグラデーションで色分けして作成できる機能が追加されました。この機能を使えば、使い慣れた直感的なプロットタイプに、追加のデータ変数をあらわすことができます。このプロットタイプにはカラースケールを追加できるようになったので、色付けされた点がどの値を何をあらわしているかを一目で伝えることができます。

散布プロットにカラースケールを追加することで、色付けされた点がどの値をあらわしているかを伝えることができます。

 

5. ファイル共有機能の強化

Grapher Preview v16 以降のファイルフォーマットでは、将来の全てのバージョンで同じファイルフォーマットを使用できるようシリアル化 (serialize) が行われています。これによって、Grapher 17 や Grapher 18 といった将来のバージョンのファイルでも、形式の古いファイルに保存しなおさなくても、Grapher 16 で開くことができます。共同作業において、バージョンの異なるファイルでも、容易にやり取りすることができます。

将来の Grapher ファイルでも旧バージョンとして保存せずに Grapher 16 で開くことができます。古いバージョンで開く際は、新たに追加された属性は除外さることになります。

 

Grapher 15

  1. 軸の中断 (Break Axis) の改良
  2. 曲線の当てはめの改良
  3. 新しい Math プロット
  4. Box プロットのカスタマイズ機能
  5. 交点の上下で異なるプロット間の塗りつぶし
  6. 等高線のラベル付け
  7. セルの相対参照によるワークシートデータのトランスフォーム
  8. ユーザーインターフェースの改良
  9. 散布プロットのシンボルカラーの改良
  10. その他

1. 軸の中断 (Break Axis) の改良

軸の中断に新たに追加された下記の機能を使えば、作成したグラフの大事な領域について、より一層の注目を集めることができます:

  • プロットの軸を中断したとき、中断する範囲の前と後にシンボルまたはラインを追加できます。
  • 軸の中断をあらわすシンボルについて4種類のオプションを選択できます。

 

2. 曲線の当てはめの改良

曲線をあてはめるデータの種類が広がったことで、お持ちのデータをこれまでよりも一層深く理解できるようになります。掘削データを X=F(Y) 型の当てはめ曲線でモデル化したり、クラス分けされた散布プロットの中の、個々のクラスやクラス全体のデータについてモデル化することで、お持ちのデータの判断に役立つ情報として役立てることができます。

 

3. 新しい Math プロット

新たに改良された Math プロットを使えば、積 (product) プロット、差 (subtraction) プロット、平均 (average) プロット、および、その他の任意の関数タイプのプロットを作成できます。従来は、加算 (Summation) プロットを呼び出していましたが、このプロットの機能が拡張されて、Grapher でサポートされる任意のタイプの関数がサポートされるようになりました。

 

4. Box プロットのカスタマイズ機能

箱ヒゲ図 (Box-Whisker plot) の中央ライン、箱の両端、および、ヒゲ (whiskers) に対して表示する各種統計量を選択することで、従来よりも多くの情報を伝えることができるようになりました。中央ラインには、中央値 (Median) または平均値 (Mean) を選択できます。箱の両端には、Quartiles、ユーザー定義の Percentiles、ユーザー定義の Confidence level、ユーザー定義の Standard deviation、ユーザー定義の Standard errorMinimum/maximum、および、Average を選択できます。ヒゲ (whiskers) については、IQR*factor (factor はユーザー定義可能)、Minimum/maximum、ユーザー定義の Percentiles、ユーザー定義の Standard deviation、および、ユーザー定義の Standard error を選択できます。

 

5. 交点の上下で異なるプロット間の塗りつぶし

2つのプロットの交点から上の部分と下の部分の塗りつぶしについて、異なる設定を選択することでプロット間の違いを強調することができます。

 

6. 等高線のラベル付け

Grapher の各種等高線マップの等高線の一部または全てに対してラベルを付けることで、情報に富むグラフィックを作成することができます。

 

7. セルの相対参照によるワークシートデータのトランスフォーム

エクセルでは式を下方にコピーすることで列全体にデータをできますが、Grapher でもこれができるようになりました!特定のセルを参照するトランスフォーム方程式を1つ定義したら、それを残りの行にコピーすることで各行に対応する結果を配置することができます。

 

8. ユーザーインターフェースの改良

以下の変更により、必要なコマンドをわずかなクリック数で素早く見つけ出し、時間を節約できます。

  • Pie チャートのスライスプロパティを Property Manager に移動
  • Legend エントリープロパティを Property Manager に移動
  • Shared contour map levels プロパティを Property Manager に移動

 

9. 散布プロットのシンボルカラーの改良

以下のカラー設定の改良で散布プロットの外観をより思い通りに定義できるようになりました。

  • カラーマップのグラデーションにデータの値に基づくシンボル色をマッピング可能
  • RGB カラー列からシンボルのカラーを取得可能

 

10. その他

  • ライン・散布プロットでエラーバーをシンボルの背面に移動するオプションを追加
  • 三角 (ternary) プロットの字句の向きを反転可能
  • パイチャートのスライスプロパティをデフォルトに戻すことが可能
  • オートメーション:MathText コマンドを使ってテキストを追加したり編集可能
  • オートメーション:データが欠損している GRF を開く際に、使用するデータファイルを指定可能