ヒューリンクステクニカルサポート
実験計画法の例
SYSTAT 製品ページ

TOP > 実験計画法 > 例

タグチ計画 (Taguchi Design)

11 個の因子を持つタグチ L12 計画を取得するには、DOE ウィザードに次のように入力します。

ウィザードの表示 入力
要因計画 タグチ
タグチ計画のタイプ L12
この計画の因子を表示しますか? はい
計画をファイルに保存しますか? いいえ
交絡マトリクスを表示しますか? いいえ
 
1. 要因計画の「タグチ」を選択して「次へ」
2. タグチ計画のタイプの「L12」を選択して「次へ」
3. この計画の因子を表示しますか?の「はい」を選択して「次へ」
4. 確認画面が現れます。よければ「次へ」
5. 計画をファイルに保存しますか?の「いいえ」を選択して「次へ」
6. 交絡マトリクスを表示しますか?の「いいえ」を選択して「次へ」

出力は次のようになります。

 Taguchi L12 Design (12 Runs, 11 Factors, 2 Levels Each)

Factor
Run    A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K
1    1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1
2    1  1  1  1  1  2  2  2  2  2  2
3    1  1  2  2  2  1  1  1  2  2  2
4    1  2  1  2  2  1  2  2  1  1  2
5    1  2  2  1  2  2  1  2  1  2  1
6    1  2  2  2  1  2  2  1  2  1  1
7    2  1  2  2  1  1  2  2  1  2  1
8    2  1  2  1  2  2  2  1  1  1  2
9    2  1  1  2  2  2  1  2  2  1  1
10    2  2  2  1  1  1  1  2  2  1  2
11    2  2  1  2  1  2  1  1  1  2  2
12    2  2  1  1  2  1  2  1  2  2  1

コマンドを入力してこの計画を生成する場合、入力は次のようになります。

DESIGN
TAGUCHI / TYPE=L12

2 水準の因子 15 個と別名を持つ L16 計画

15 個の因子を持つタグチ L16 計画を取得するには、次のように入力します。

ウィザードの表示 入力
要因計画 タグチ
タグチ計画のタイプ L16
この計画の因子を表示しますか? はい
計画をファイルに保存しますか? いいえ
交絡マトリクスを表示しますか? はい

出力は次のようになります。

 Taguchi L16 Design (16 Runs, 15 Factors, 2 Levels Each)

Factor
Run    A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O
1    1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1  1
2    1  1  1  1  1  1  1  2  2  2  2  2  2  2  2
3    1  1  1  2  2  2  2  1  1  1  1  2  2  2  2
4    1  1  1  2  2  2  2  2  2  2  2  1  1  1  1
5    1  2  2  1  1  2  2  1  1  2  2  1  1  2  2
6    1  2  2  1  1  2  2  2  2  1  1  2  2  1  1
7    1  2  2  2  2  1  1  1  1  2  2  2  2  1  1
8    1  2  2  2  2  1  1  2  2  1  1  1  1  2  2
9    2  1  2  1  2  1  2  1  2  1  2  1  2  1  2
10    2  1  2  1  2  1  2  2  1  2  1  2  1  2  1
11    2  1  2  2  1  2  1  1  2  1  2  2  1  2  1
12    2  1  2  2  1  2  1  2  1  2  1  1  2  1  2
13    2  2  1  1  2  2  1  1  2  2  1  1  2  2  1
14    2  2  1  1  2  2  1  2  1  1  2  2  1  1  2
15    2  2  1  2  1  1  2  1  2  2  1  2  1  1  2
16    2  2  1  2  1  1  2  2  1  1  2  1  2  2  1

Confoundings For Each Pairwise Interaction
(Partial confoundings, if any, are not shown.)

FACTOR
FACTOR   A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O

A      A
B      C  B
C      B  A  C
D      E  F  G  D
E      D  G  F  A  E
F      G  D  E  B  C  F
G      F  E  D  C  B  A  G
H      I  J  K  L  M  N  O  H
I      H  K  J  M  L  O  N  A  I
J      K  H  I  N  O  L  M  B  C  J
K      J  I  H  O  N  M  L  C  B  A  K
L      M  N  O  H  I  J  K  D  E  F  G  L
M      L  O  N  I  H  K  J  E  D  G  F  A  M
N      O  L  M  J  K  H  I  F  G  D  E  B  C  N
O      N  M  L  K  J  I  H  G  F  E  D  C  B  A  O

この計画は、次のコマンドでも生成することができます。

DESIGN
PRINT=LONG
TAGUCHI / TYPE=L16

交絡マトリクスは、行と列の因子間の交互作用に関連する因子のパターンを示します。たとえば、因子 6 と因子 8 の交互作用の因子パターンは、因子 14 (N) のパターンと同一です。クラシック DOE で同等の指定を行う方法については、詳細をクリックしてください。