ヒューリンクステクニカルサポート
StarDrop サポート情報 StarDrop 製品ページ
更新日: 16/07/01

StarDrop 6.x フローティングライセンス
インストール手順書

フローティングライセンスをご利用の場合、クライアント側、 サーバー側の両方で操作が必要です。

 

クライアント側での操作

  1. StarDrop を起動し、Help メニューの Manage Licenses を選択します。


  2. Manage Licenses の画面で、Add ボタンを選択します。
    ※ Machine Identifier はマシン固有の文字列です。

  3. Add License 画面で、まず License Key を入力します。


  4. 続いて、パスワードを入力します。


  5. ライセンスがインストールされると License: の部分に入力したライセンスの情報が表示されます。

  6. Set License server: の Server: のボックスにライセンスサーバーの IP アドレスまたはホスト名を入力し、Connect ボタンをクリックします。


    画面の遷移(同時に StarDrop メイン画面右下の Server Status の表示も遷移します)
    1. Connect をクリックする前(Unknown

    2. 接続中(Connecting

    3. 接続が確認できた場合(Connected

      接続ができない場合 (Could not connect

      正しいIPアドレスやホスト名を入力しているにも関わらず、接続ができない場合には弊社 soft.support@hulinks.co.jp までお問合せください。

  1. 異なる複数の有効なフローティングライセンスがある場合、下図のように有効なライセンスが表示されます。表示された情報を基にライセンスを取得し、OK ボタンをクリックして Choose Floating License の画面を閉じます。


    Status の表示例

    1. :利用可能なライセンス

    2. :現在使用中のライセンス

    3. :現在ユーザー名:USER1, USER2 が使用中(USER1, USER2 には Windows のユーザー名が表示されます)

      StarDrop を起動中に別のライセンスへの切り替えはできません。再起動してライセンスを取得しなおしてください。

  2. Manage Licenses 画面の OK ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

 

サーバー側での操作

以下の操作にはライセンスファイルとして「sls.conf 」が必要です。

  1. root もしくは sudo 権限を持つユーザでログインします。

  2. sls.conf ファイルを次の場所に保存します。
  3. 次のコマンドを実行してサービスを再起動します。
    # /etc/init.d/StarDrop_sls restart