HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > MacTempasX
ヒューリンクステクニカルサポート
MacTempasX サポート情報 MacTempasX 製品ページ
更新日: 17/01/23

MacTempasX インストール手順

最新アップデータは、下記よりダウンロードできます。

 

インストール⼿順


  1. コンピューターの USB スロットにハードウェア・キー(USB キー) を装着します。

  2. ダウンロードした dmg を開き、その中にある MacTempasX.app を「アプリケーション」フォルダに直接コピーします。


  3. 次に、USB ハードウェアキー⽤のドライバー (.pkg) をそれぞれ右クリックして「開く」 でインストールします。

以上でインストールは完了です (システムの再起動が⾏われます)。MacTempas を初めて起動するとインストレーション画⾯が表⽰されます。必要に応じてお名前と所属、同封物に記載されているインストレーションコードを⼊⼒してください。

コンピューターを変更した時や Mac OS がクリーンインストールの場合は、USB ハードウェアキー⽤ドライバーがインストールされているかご確認ください。これらのドライバーがインストールされていないと、ハードウェアキーが認識されず、MacTempas はデモンストレーションモードで起動します。MacTempasX → About Mactempas でご確認ください。

デモ版で起動したときの例

 

リクエストファイル⽣成の操作⽅法

MacTempasX の USB キーを既にお持ちの⽅で、CrystalKitX を追加で購⼊する場合は、既存の USB キー情報としてリクエストファイル (.req) を開発元に送付する必要があります。リクエストファイルの⽣成の⼿順は以下のとおりです:

Secure Update Utility というプログラムを下記からダウンロードします。

⿊/グレー の USB キーを USB ポートに装着します。

  1. SecureUpdateUtility.dmg を開き、「Secure Update Utility」フォルダーを Mac のホームディレクトリにコピーします。
  2. 「アプリケーション」フォルダーにある「ユーティリティ」を開きます。
  3. 「ターミナル」プログラムを実⾏します。
  4. ターミナルウィンドウが開きます。
  5. 次のコマンドを実⾏します。
    cd "Secure Update Utility"
    ./SecureUpdateUtility -r mactempas

    mactempas.req」というファイルが⽣成されます。

⽣成された「mactempas.req」ファイルをメールに添付してお送り下さい。

リクエストファイルの⽣成でエラーが出る場合

何らかの原因でリクエストファイルの⽣成でエラーが出る場合があります。

  • 例:キーが⾒つからないときに出るエラーです。
  • Error in generating Request Code = 226

以下の2点をご確認ください。

  1. USB キーのライトが点灯しているかどうか
  2. Mactempas の実⾏時にキーが認識され、正常に起動するかどうか

キーが正しく認識されていることを確認したら再度コマンドを実⾏してください。

 

コマンドラインオプションについて

SecureUpdateUtility のコマンドラインオプションは以下のとおりです。


 

upw ファイルの適⽤⽅法

お送りいただいたリクエストファイル (.req) に基づいて開発元から mactempas.upw が発⾏されたら、以下の⼿順で USB キーを更新してください。

⿊/グレー の USB キーを USB ポートに装着します。

  1. mactempas.upw を「Secure Update Utility」フォルダに配置します。
    「Secure Update Utility」フォルダは「mactempas.req」ファイルを⽣成した時に使⽤した「ホーム」ディレクトリにあります。
  2. 「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダを開きます。
  3. 「ターミナル」を実⾏します。
  4. 次のコマンドを実⾏します。
    cd "Secure Update Utility"
    ./SecureUpdateUtility -u mactempas

キーが更新されたら、プログラムの起動をご確認ください。

 

前のページにもどる