HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > KaleidaGraph >KaleidaGraph インストール手順 (サイトライセンス)
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
KaleidaGraph サポート情報 KaleidaGraph 製品ページ
更新日: 14/04/22

KaleidaGraph インストール手順 (サイトライセンス)

[手順概要]

  1. CD-ROM から 1台のサーバーに KaleidaGraph をインストールします。

  2. サーバーの KaleidaGraph インストールフォルダをクライアントとなる Windows と共有します。

  3. サーバーの共有フォルダ内の netsetup.exe を使い、クライアントに KaleidaGraph をインストールします。

    このフォルダ共有設定はクライアント側に KaleidaGraph をインストールした後も必要です。
    例えば、サーバーの KaleidaGraph を 4.1 から 4.1.1 へアップデートするとクライアントの KaleidaGraph も 4.1.1 へ自動にアップデートされます。

    サーバー側フォルダをクライアント側で共有できない場合 (サーバー停止やネットワーク障害等) クライアント側で KaleidaGraph をご利用できませんのでご注意ください。

 

サーバー側作業

  1. サーバーとなる Windows にユーザー ID "Administrator" でログインし(*1)、CD-ROM にある KG41JNetwork.exe を実行します。

    Windows Vista/Windows 7 の場合は KG41JNetwork.exe ファイルを右クリックし「管理者として実行」を選択する必要があります。

    QuickTime Player 7.6 のインストールを求められた場合は、続けてインストールします。
    KaleidaGraph4.1 では画像ファイルの生成に QuickTime Player が必要です。

  2. サーバー側でユーザー ID "Administrator" のまま、スタートメニューから KaleidaGraph を起動します。

    KaleidaGraphのパーソナライズをお願いします」画面では、お名前、会社名、ライセンス証書に記載されたシリアル番号と認証コードを入力します。

    起動を確認した後に KaleidaGraph を終了します。

  3. サーバーの KaleidaGraph インストールフォルダ (デフォルトでは C:\Program Files\KaleidaGraph 4.1J) をクライアントと共有設定します。クライアント側のログインユーザーに対してサーバー側共有フォルダの「フォルダの内容の一覧表示」と「読み取りと実行」を許可してください。

    また「同時に共有できるユーザー数」はご購入された KaleidaGraph ユーザー数に合わせてください。


    共有設定はお使いの Windows 環境によって異なりますので、ここでは手順を省略させていただきます。
(*1) もしユーザー ID "Administrator"をご利用いただけない場合は、管理者権限を持つユーザーでログインし、インストール先フォルダを C:\Program Files\ 配下以外 (例: C:\KaleidaGraph 4.1J) に変更してください。

 

クライアント側作業

  1. クライアントとなる Windows に管理者権限を持つユーザー ID でログインし、共有フォルダにある \\(サーバー名)\(共有名)\netsetup.exe を実行します。

    Windows Vista/Windows 7 の場合は netsetup.exe ファイルを右クリックし「管理者として実行」を選択する必要があります。

    QuickTime Player 7.6 のインストールを求められた場合は、続けてインストールします。
    KaleidaGraph4.1 では画像ファイルの生成に QuickTime Player が必要です。

  2. クライアント側で任意のユーザーでログインし、スタートメニューから KaleidaGraph を起動します。(*2)

    Windows Vista/Windows 7 の場合、セキュリティの警告「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」画面が表示される場合があります。「実行」を選択すると KaleidaGraph をご利用できます。(*3)
(*2) もしクライアント側で KaleidaGraph 起動時に認証コードの入力を求められる場合はサーバー側の KaleidaGraph が正しくインストールされていません。たとえ認証コードを入力しても「ライセンスファイルがロックされています! 続ける前にロックを解除してください。」というエラーが表示され、KaleidaGraph をご利用できません。手順をご確認のうえ、サーバー側の KaleidaGraph を再インストールしてください。
(*3) このセキュリティの警告を毎回表示させないためには、次の設定が必要です。インターネットエクスプローラーのインターネットオプションから セキュリティ > ローカルイントラネット > サイト > 詳細設定 を選択します。「このWebサイトをゾーンに追加する」欄に file://(サーバー名) を入力し「追加」ボタンを押します。

 

関連情報

 

前のページにもどる