ヒューリンクステクニカルサポート
Cumulus サポート情報 Cumulus 製品ページ
更新日: 15/11/18

Cumulus Portals (キュムラス・ポータルズ) の特徴

 

ルック&フィール

最先端の Web アプリケーションとして、Cumulus Portals は、使っているデバイスのサイズと能力、動作しているブラウザのウィンドウのサイズに合わせて、表示を適応させることができます。例えば、スマートフォンやブラウザのウィンドウ幅を狭くした時、コンテンツは1列で表示されます。タブレットや、幅の広いブラウザのウィンドウで表示するときには、同じ内容が2段以上の列で表示されるかもしれません。また、コントロール要素の表示も、使えるスペースに合うように調整されます。

 

異なるレイアウト

トップページ

Portals のレイアウトは、デバイスやブラウザ・ウィンドウの幅に合わせて列やヘッダが変わる

 

一覧表示ページ

 

異なるサイズでの Portals のルック&フィール

 

各ページについて

トップページ

トップページは、現在のカタログのトップページのカテゴリの一覧を表示します。

カタログ名を選択、または開始したいカテゴリを選択します。するとそのカタログやカテゴリに含まれるファイルを表示する一覧表示ページに切り替わります。

 

一覧表示ページ

一覧表示ページは、カタログや選択されたカテゴリ、コレクションに属するファイルを表示します。すべての一覧表示ページは同じパターンに従います。それぞれのファイルをサムネイルで表示し、検索フィールドとその他のオプションでヘッダ部分を設定します。デバイスやブラウザ・ウィンドウに十分なスペースが有る場合は、フィルタのセクションはサイドバーとして表示され、そうでなければフィルタアイコンとして表示されます。

 

詳細ページ

Portals 内のすべてのファイルで詳細ページを表示することができます。管理者の設定に従って、ファイルのプレビュー画像と選択したメタデータが表示されます。

 

コレクションページ

使用できるすべてのコレクションが表示され、形式でフィルタリングすることでコレクションの数を絞ることができます。また、特定のコレクションを検索することができます。コンテンツを表示したいコレクションを選択します。

 

バスケットページ

バスケットページはバスケットの内容を表示します。

 

ヘッダ

ヘッダはすべての Portals のページに表示され、常に幾つかの要素を持っています。しかし、デバイスやブラウザ・ウィンドウのサイズにより、幾つかの要素は隠れることがあります。

異なるヘッダ

フルサイズのヘッダ

フルサイズのヘッダには次のものが含まれます:

 

中間の大きさのヘッダ

中間の大きさのヘッダには次の要素が含まれます。

 

ハウツー

このセクションは Cumulus Portals のユースケースの簡単な説明を行います。

注記:Cumulus 管理者によって定義されたユーザー権限によっては、このガイドに説明されていることが実行できないかもしれません。

 

検索フィールドを使ったファイル検索

カタログ内のファイルを検索する最も簡単な方法は、Portals のヘッダの検索フィールドを使うことです。検索語を入力すると、Portals はファイルの選択されているメタデータを検索し、一致するファイルを表示します。デフォルトでは、Portals は、ファイル名、ドキュメントテキスト、ノート、キーワード、カテゴリのようなメタデータを検索します。

現在開いているカタログ内のアイテムを検索するには、検索フィールドを使います:

検索フィールドに、名前、数字などの検索語を入力し、Findアイコンを選択して検索を開始します。

より正確な検索を行うには

より正確に検索を行うには、2つの検索語を使い、様々な方法で組み合わせます:

 

フィルタの使用

概要ページでは、必要な物を見つけるために、表示されているファイル数を絞り込むために、フィルタを使うことができます。管理設定により、カテゴリや選択したメタデータによってフィルタすることができます。

 

ファイルの詳細を表示

Portals では、別ページでファイルの詳細を表示することができます。詳細表示画面は、プレビュー画像とファイルの様々な情報を一緒に表示します。どの情報を表示するかは設定に依存します。

 

バスケットの使用

任意のファイルをバスケットに追加することができます。バスケット内のファイルはまとめて、あるいは個別にダウンロード、コレクションに追加することができます。

ファイルをバスケットに追加

バスケットの内容を表示

 

コレクションを使用

ファイルをコレクションに追加

新しいコレクションであっても、既存のコレクションであっても、必要な数だけコレクションにファイルを追加することができます。 概要ページや詳細ページからファイルを追加することができます。バスケットに一度にすべてのファイルを追加することができます。

ファイルをコレクションに追加するには:

  1. ファイルのサムネイルで、コレクション・アイコンをクリックします。小さなデバイスでは、メニュー・アイコンをクリックして「Add to collection」を選択します。

  2. 次のどちらかを決めます。
    ・新しいコレクションを作成する(プライベートか共有化を指定し、生音を入力する必要があります)
    ・既存のコレクションに追加する(適切なコレクションを選択する必要があります)

  3. 新しい共有コレクションでは、コレクションをすべてのユーザーと共有するのか、指定されたユーザーだけで共有するのかを、追加で設定する必要があります。

    新しいコレクションは、コレクション概要画面にリストされます。

使うことができるコレクションを表示

使うことができるコレクションを表示するには:

  1. ヘッダで「Collections」を選択します。小さなデバイスでは、メニュー・アイコンをクリックして「Show collections」を選択します。

    使うことができるすべてのコレクションの概要が表示されます。タイプによって表示されているコレクションの数を絞りこんだり、名前で検索することができます。目的のコレクションを選択すると、そのコレクションが開きます。

ファイルをダウンロード

概要ページまたは詳細ページから各ファイルをダウンロードすることができます。バスケットやコレクション内のすべてのファイルを一括でダウンロードできます。

ファイルをダウンロードするには:

  1. ファイルのサムネイル上のダウンロードアイコンをクリックします。小さなデバイスでは、メニューアイコンをクリックし、「Download」を選択します。

  2. ファイルをダウンロードする前に実行するアクションを選択します。

  3. 「Download」を選択します。
    デフォルトのダウンロードフォルダに、ファイルがすぐにダウンロードされます。