HOME > テクニカルサポート > 製品一覧 > ChemBio シリーズ
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
ChemBio シリーズ サポート情報 ChemBio シリーズ製品ページ
更新日: 14/04/17

ChemBio3D のシス-トランス異性の表示問題

ChemDraw の構造式を ChemBio3D (v12/13) で読み込んだ時に、シス-トランス異性の表示が逆になる問題が報告されております。

次の異性体を含む構造式を読み込むと、ChemBio3D では、左側のトランス体がシス体で表示されています。

ChemDraw

ChemBio3D
左側のトランス体がシス体で表示

 

この問題が生じた場合は、次の方法で修正して下さい。

  1. shift キーを押しながら、個々に原子を選択します。
    (選択順位により結果が異なります。)


  2. StructureMeasurementsDisplay Dihedral Measurement を選択し、180 度と入力し enter キーを押します。


    MM2 Minimize 計算を実行します。


    トランス体に変更されました。

参考

デカリンの構造式を読み込んだ場合は、デフォルトでシス体となりますが、次の選択方法で上記操作を行っても、トランス体は得られません。

次のように選択部分を変更することで、トランス体となります(4番目にメチンの H を選択し、0 度と入力)。

ふたつの水素をメチル基に変更した場合は、次のように選択し、180 度と入力することでトランス体になります。

 

前のページにもどる