HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > ChemOffice シリーズ > ツール
ヒューリンクステクニカルサポート
皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
更新日: 14/04/17

tPSA

tPSA (Topological Polar Surface Area: 位相幾何学的極性表面積) は、薬物輸送の性質予測に使用するパラメータで、分子極性表面積の高速な近似値を提供します。ヒト腸の吸収と血液脳関門の浸透に相関があることが示されています。

薬物輸送の特性を予測する位相幾何学的極性表面積 (Topological Polar Surface Areas) の計算アルゴリズムが ChemProp に追加されました。分子の極性表面積 (PSA) (単位:平方オングストローム) は、体内における薬物輸送の予測に利用される重要な特性です。この特性はこれまで時間を浪費する三次元技術によって計算されていましたが、最近の論文で精度を落とさず非常に高速に予測する方法が発表されました。ChemDraw にはこのアルゴリズムが組み込まれており、Chemical Properties ウィンドウで表示されます。

 

前のページにもどる