HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > CrystalMaker
ヒューリンクステクニカルサポート
CrystalMaker サポート情報 CrystalMaker 製品ページ
更新日: 14/05/15

Single-Crystal の回析パターンを重ね合わせ

SingleCrystal は、ウィンドウ毎に1つの回析パターンを表示します。では、2つまたはそれ以上のパターンのシミュレーションはどのように行ったらよいのでしょうか?ここでは、2つの回析パターンを PDF エクスポートし、それらの画像を重ね合わせてみます(重ね合わせには、ドローまたはペイントプログラムを使用します)。

2つの回析パターンを重ね合わせたシミュレーション。
SingleCrystal の PDF エキスポート機能を使用して作成しました。

 

2つの立方晶 A と B の回析パターンを 組み合わせます。

(尖晶石(スピネル)とペリクレースをフェーズAとBとします。どちらも CrystalMaker の結晶ライブラリ Minerals/Non-Silicates/Oxides の中にあります。)

位置関係は次の通りです:

  1. A の [111] 方向は B の [001] 方向と平行である。
  2. A の平面 (1 -1 0) の法線はBの平面 (1 0 0) の法線と平行である。

作業ステップ

  1. SingleCrystal の回析パターンウィンドウでフェーズ A と B をそれぞれ別々に開いて下さい。

  2. View|View Direction コマンドを使って、フェーズ A の視野方向を [111] に、B を [001] に設定します。
    視野を調整した2つのフェーズができました。両者の位置関係はまだ十分ではありません。そこでステレオグラムを使って、位置を調整します。

  3. フェーズ A のステレオグラムに、(1 -1 0) の極を追加します。Stereographic Projection パネルで N(hkl) タイプの Edit Pole フィールドに (1 -1 0) を入力し、重複しない色を設定して Show ボタンをクリックします。

    ステレオグラムの頂点に、極のエッジが表示されます。ステレオグラムの右端に極がくるように、時計方向に90°ステレオグラムを回転させます。(ツールバーに Rotate Z ボタンがない場合は、次の方法でツールバーにボタンを追加して下さい。Windows 版 Ver2 の場合:ツールバーにマウスポインタを置き右クリックをすると、使用できるオプション一覧が表示されます。その中の +z と -z のチェックボックスを ON にして下さい Macintosh 版 Ver2 の場合:ツールバーにマウスポインタを置き Control キーを押しながらマウスクリックすると、Customize Toolbar メニューコマンドが表示されます。それをクリックして、Rotate Z ボタンをツールバーにドラッグして下さい。)

    1. 回析パターンウィンドウの下部右端にある Tilt Angle ポップアップメニューで 90 ° を選択します。
    2. Rotate Z ボタンをクリックすると、結晶が回転します。

  4. フェーズ B のウィンドウに移り、方向が [001] であることを確認したら、 (100) の極を作って下さい。フェーズ A と同じように、Z 軸方向に回転させることも可能です。

  5. どちらの Scale も同じ値であることを確認して下さい。もし異なる場合は、Diffract|Scale コマンドを使って修正して下さい。

  6. 両方の回析パターンの見分けがつくように、色を変更します。View|View Options コマンドをクリックし、Colouring セクションの Theme ボタンを使って配色を変更して下さい。(例えばフェーズ A は赤と白、フェーズ B は青と白に。)

    解析パターンは、以下のように表示されているはずです)。
    フェーズA スピネル
    フェーズB ペリクレース

  7. フェーズ A で Edit|Copy Diffraction Pattern コマンドをクリックして、PDF 形式でクリップボードにコピーします。これをベクトルイメージの編集ができるプログラム、たとえば Adobe Illustrator にペーストします。Adobe Illustrator でオブジェクトのグループ化を解除し、背景にある矩形を削除します。回析パターンのすべてのオブジェクトを選択して、再度グループ化を行って下さい。

  8. フェーズ B に関しても、同じことを実行して下さい。すると、両方の回析パターンが合成された画像を作ることができます。
注意:Adobe Photoshop のようなペイントプログラムを使った場合は、回析パターンをそれぞれ別のレイヤーにペーストして下さい。そして上側のレイヤーを半透明にするか、比較(暗)モードなどの変換モードを使って、下側のパターンが見えるようにして下さい。

 

 

前のページにもどる