HOME > ソフトウェアパッケージ > 数式処理/開発環境/ライブラリ > webMathematica (ウェブマセマティカ)
新規購入お見積

webMathematica (ウェブマセマティカ)
Web サイトにインタラクティブな計算機能を実現

webMathematica は、Mathematica と最新のWebサーバテクノロジーを統合することにより、Web上のインタラクティブな計算・結果の可視化を可能にします。

最新バージョン webMathematica 3.3 では、Mathematica 10で導入された画期的な新機能を装備しており、これをWeb サーバーベースの開発実装に利用できます。詳細情報は Wolfram Research サイト をご覧下さい。

 

Web サイトにインタラクティブな計算機能を

  • webMathematica は、Web サイトにインタラクティブな計算機能を加える最善の選択です。webMathematica を使うと、ユーザーがどんなブラウザからでも、どんなインターネットベースのデバイスを使っても、サイト上で計算を行い、結果をビジュアル化できる、そんな Web サイトを構築することができます。

多彩なツールコレクション

  • webMathematica は、Mathematica のコマンドを HTML のページに置くことができるツールのコレクションを提供します。ページのリクエストがサーバーに行くたびに Mathematica セッションがそのページのコマンドを処理します。さらに、これらのツールがサーバー上の Mathematica セッションをコントロールし、起動・初期化・セッションのプール・自動再起動等のサポートも提供します。

Professional 版と Amateur 版

  • webMathematica のライセンスには、Professional 版と Amateur 版があります。詳細は、こちらをご覧ください。

Professional 版は、高度なイントラネットとインターネットサイトを開発するためのものです。企業レベルで顧客や社員用に特化した計算に Web を使ってアクセスする、便利で使いやすい方法を提供します。

Amateur 版は Web 上で自分の仕事を公開したい個人向けの製品で、使用には若干の制限があります。Premier Service ご加入のお客さまは、特典(入手には申請が必要)として契約期間中に無料でご利用いただけます。

必要とされる知識

  • Web ページを作成する人は、自分が展開したい他のクライアント技術だけでなく、Mathematica と HTML に関する知識も必要です。
    webMathematica のサイト管理者は Java サーブレットの保守ができなければなりません。webMathematica のサイトを構築したり管理したりするために Java のプログラミングは必要ありません。

 

webMathematica 3.3 動作環境

サポートされているサーバシステム

  • Mathematica 10 および Java 5 以降をサポートしているすべてのシステム。
    最新の情報は Wolfram Research サイト をご覧ください。

その他の必要条件

  • Apache Tomcat等,Servlet 2.5以降と互換のエンジン
  • Java 5.0以降
  • Java Servlet 2.4以降, JavaServer Pages (JSP) 2.0以降  

互換性テスト済みのWebサーバ

  • Apache HTTPサーバ,Microsoft IIS

コンポーネント

  • Mathematica 10
  • webMathematica Web アプリケーション
  • webMathematica カーネルマネージャ
  • LiveGraphics3D

製品は英語版です。