HOME > ソフトウェアパッケージ > 統計解析/グラフ作成 > SigmaPlot (シグマプロット) > 製品概要 > グラフ作成
新規購入お見積
アップグレードお見積
SigmaPlot (シグマプロット)
グラフ作成

グラフ作成

  1. SigmaPlot でグラフ作成を簡単に!
  2. 2D グラフ
  3. 3D グラフ
  4. 専門的な軸スケール
  5. 軸機能
  6. エラーバー
  7. グリッドと塗りつぶし
  8. シンボル
  1. 基準線 [Reference Lines]
  2. 関数プロット [Function Plotter]
  3. トランスフォームを使用して作成するグラフ
  4. 複数行テキストエディタ
  5. 凡例 [Legends]
  6. グラフのエクスポートオプション
  7. ウェブページ形式の公開

 

SigmaPlot でグラフ作成を簡単に!

  • グラフスタイル・ギャラリー:一度作成したグラフはすべてのプロパティを含めて保存し、ビットマップ画像としてギャラリーに登録することができます。手の込んだグラフでもギャラリーに登録しておけばいつでも再現することができます。
  • グラフ・ツールバー:新規作成するグラフのタイプやスタイルをあらわすアイコンをツールバーから選択できます。すでに表示されているグラフに曲線を追加したい場合もこれを利用できます。
  • グラフ・ウィザード:使いやすいステップ・バイ・ステップのウィザードです。作成するグラフ・タイプとそこで使用するデータの選択を支援します。
  • 新規グラフの初期設定:グラフオプションの選択肢を指定することで、お気に入りのグラフをより簡単に作成することができます。
  • テンプレート:グラフページをカスタマイズしてテンプレートとして保存すれば、お好みのグラフページをいつでも使用することができます。
  • 領域の塗りつぶし (area fills) に共通部分 (Intersections) がサポートされました。
  • Graph Wizard の改良:直前に利用した設定内容が保持されます。’Finish Early’ をクリックするとギャラリーグラフのすべてがリストされます。

 

2D グラフ

  • 領域プロット:4タイプ
  • 散布図:14タイプ
  • 折れ線:4タイプ
  • 散布図と折れ線:10タイプ
  • ステップ:8タイプ
  • 垂直棒:2タイプ
  • 水平棒:2タイプ
  • 垂直グループ棒:2タイプ
  • 水平グループ棒:2タイプ
  • 垂直積み重ね棒
  • 水平積み重ね棒
  • 箱ヒゲ図:2タイプ
  • カーネル密度
  • 極座標:3タイプ
  • 等高線図:2タイプ
  • ヒストグラム:6タイプ
  • 三角:3タイプ
  • 時系列
  • バブル
  • 管理図 (Control Charts)
  • ニードル
  • 高-低-終値(ローソク足:High-low-close)、範囲(Range)、四分位(Quartile)
  • 四分円 (Quadrant)
  • ポピュレーション
  • フォレストプロット:2タイプ
  • レーダー:5タイプ
  • ベクトルプロット
  • ドット密度

 

3D グラフ

  • 散布図(Scatter)
  • 棒(Bar)
  • 3D 折れ線:軌道
  • メッシュ
  • 等高線図
  • ウォーターフォール
  • 交差する複数プロットの陰線処理、平滑または離散的な陰影処理、透明または不透明の塗り潰し、光源にもとづく陰影処理
  • 3D 回転
  • パースペクティブ・プレビュー

 

専門的な軸スケール

  • 線形 [Linear]
  • 常用対数 [ Log10]
  • 自然対数 [Natural log]
  • プロビット [Probit]
  • ロジット [Logit]
  • 確率 [Probability]
  • 反転 [Reverse]
  • 三成分パーセンテージ [Ternary percentage]
  • 三成分単項 [Ternary unary]
  • 極軸 [Polar]
  • カテゴリ(テキストデータを自動的にグループ分け)
  • 日付と時刻 [ Time and date]
  • ワイブル [Weibull]
  • 逆数 [Reciprocal]
  • ユーザー定義のカスタム軸。極値、ヒンジ、ビット誤り率など殆んどのスケールを作成可能。

 

軸機能

  • 軸の表示/非表示、太さ、色、範囲、軸の中断を制御可能。
  • 軸のオフセット
  • タイトルの自動挿入
  • 複数軸:Axis Wizard で複数の軸を容易に作成可能。
  • 目盛:主目盛と副目盛の間隔のカスタマイズ、内側/外側の向き、上限と下限の配置、長さ、太さ、色、および、列内の目盛を選択しカスタム軸を作成可能。
  • ラベル:接頭文字、接尾文字、数値、日付と時刻をカスタマイズ可能。
  • 軸の中断:シンボル、太さ、色、長さ、中断間隔、中断後の間隔をカスタマイズ可能。

 

エラーバー

  • 平均値、中央値、最初の値、最後の値をシンボルの値に使用可能
  • 標準偏差、標準誤差
  • 10、25、75、90 パーセンタイル
  • 最小値と最大値
  • 95% または 99% 信頼区間
  • 反復測定された行列データからエラーバーを生成可能
  • エラーバーの上下の値をユーザー定義可能
  • 片側、両側、非対称のエラーバー
  • パーセンタイルの手法:nearest integer (graphical) または value dependent (numerical) アルゴリズムのいずれかを選択可能

 

グリッドと塗りつぶし

  • カラー、ラインタイプ、太さ、および、X, Y, Z 方向の主グリッドと副グリッドの表示の制御
  • パターンと境界線のカラー、パターンスタイル、パターン密度、および、境界線の太さの制御

 

シンボル

  • 100種類以上のシンボルタイプ
  • 半分塗りつぶしと BMW スタイルを含む新たに加わった30種類のシンボルタイプ
  • テキストをシンボルとして利用する際のフォントの編集
  • グラフプロパティダイアログ、ツールバー、凡例ページ、および、シンボルダイアログボックスから直接シンボルにアクセス可能。
  • ダッシュおよびギャップパターン等のラインタイプの追加。
  • ラインカラーとは独立して設定できる棒グラフや面積プロットのための塗りつぶしパターンの追加。

 

基準線 [Reference Lines]

  • 平均、標準偏差、標準誤差、ユーザー指定の定数、95% および 99% 信頼区間を制御可能。
  • 水平線または垂直線を最大 5つまで使用可能。
  • 色、線種、太さを制御可能。
  • X、Y、Z 方向のいずれかまたはすべてを表示

 

関数プロット [Function Plotter]

  • 2D および 3D 関数のプロット
  • 2D および 3D プロット用に用意された 100種類以上の数式。グラフィカルな説明付き。
  • ユーザー定義のパラメータ、スケール、範囲
  • SigmaPlot の関数ライブラリのカスタマイズまたは独自関数の作成
  • 新規または既存グラフへの関数のプロット
  • 複数の異なるパラメータ値の同時プロット
  • 関数毎のライン・プロパティの選択
  • 数式ソルバー [Equation Solver]: 単一の独立変数と任意数のパラメータを含む方程式や関数の求解

 

トランスフォームを使用して作成するグラフ

  • ガウス累積分布 [Gaussian cumulative distribution]
  • 領域: 曲線下および曲線間の陰影処理 [Area – shading under and between curves]
  • Z 立面図 [Z plane design]
  • カプラン・マイヤー生存曲線 [ Kaplan-Meier survival]
  • 頻度 [ Frequency]
  • 複合管理図 [ Complex Control charts]
  • ユーザー定義軸

 

複数行テキストエディタ

  • フォント、サイズ、スタイル、カラー、ギリシア語、複数水準の上付き・下付き文字、360度回転、左右と中央の行揃え、行間隔の制御

 

凡例 [Legends]

  • 自動作成またはマニュアル作成
  • 回帰、信頼区間、予測区間の凡例
  • ラインとシンボルの表示と非表示
  • ラインとシンボルをテキストの前後いずれかに配置
  • 凡例項目の順序の反転
  • 凡例項目のリスト内移動
  • ダイレクトラベリング:凡例項目をプロットの隣に配置

 

グラフのエクスポートオプション

  • 個々のグラフ、グラフとオブジェクトの集合、ページ全体を対象にエクスポートできます。
  • 解像度と色深度のレベルを選択できます:PDF、EPS、TIFF、JPEG、EMF、BMP
  • トゥルーカラー EPS ベクトルと CMYK EPS エクスポート
  • 圧縮 CMYK TIFF
  • ベクトル形式:PDF, SVG, SWF
  • 出版支援:適切な DPI の選択、画像サイズ、ファイル形式など複雑な手続きを支援します。

 

ウェブページ形式の公開

  • 高解像度のウェブオブジェクトとしてグラフをエクスポート可能。
  • WebViewer: グラフまたはプリント作成に使用されたデータを閲覧するためのブラウザ用無償プラグイン。グラフ上で解像度を落とさずパンやズームが可能。
  • WebViewer は、IE 4.01 以上をサポート。その他のブラウザや OS 環境では、スクリーン解像度の JPEG ファイルが自動的に表示されます。